復縁工作別れたパートナーというのは必ずしも近場にいるとは限りません。出会いの場が今やインターネット等のデジタルな形が主流になって来ているので始まりが遠く離れた相手になっている事も少なくありません。離れた相手との復縁は復縁工作では難しいのか?と言われれば必ずしもそうではないので遠距離での復縁工作を考えられている方には参考にして頂ければと思います。

遠距離恋愛での復縁工作のメリット

遠距離での復縁工作をする際にデメリットばかりを考えられてしまう方もいらっしゃいますが、遠距離には遠距離のメリットがあります。遠距離での復縁工作での最大のメリットは会いたくなってもすぐに会えないという事です。

会いたくてもすぐに会えないというのは依頼者からしてみればとてつもないデメリットに感じられるかと思いますが復縁を考えた時にメリットに成り得る事が良くあります。

何故メリットに成り得るのか?と言えば工作員が対象者に接触した際に様々な情報を聞きだします。情報を聞きだした際には依頼者にも努力して頂く部分があるのですが、努力して頂き、自己変革をしている間に近隣で会ってしまった場合、何も変わっていないと思われてしまい、それが元で復縁を考えられなくなったというケースも少なくありません。

パートナーの方から別れを告げられた時、少なくともいくつかの問題があり、それが直らない限り復縁に辿り着く事はありません。直す部分はすぐにでも修正しなければならなくてもそう簡単に直す事が出来ないからこそ別れという選択肢を選ばれてしまいます。別れた後に直さなければならない…と気付いたとしても直している最中に近所でパートナーに出くわしてしまった場合、何も変わっていないと見られがちで復縁の芽がなくなる可能性もあります。自己変革の最中に偶然でも会う事の可能性が少ない状態であれば別れた原因を直している最中に気付かれてしまい二度と復縁する事が出来ないという事もありません。

パートナーにもう一度振り向いてもらう為に、変わった自分を見てもらう為にはサプライズがあれば尚の事効果があるので復縁に向けてサプライズを使うという面では大きなメリットがあると言えます。

遠距離恋愛での復縁工作のデメリット

遠距離での復縁工作をする上での一番のデメリットは近くにいない為に偶然を装っての再開が難しいという事になります。偶然を装った出会い等のサプライズがあるからこそ運命の再会という形でパートナーとの復縁を演出しやすい部分もあります。

距離が遠ければ遠い程、サプライズ感を出しづらいので工作員頼みの復縁になりやすく、依頼者の努力はもちろんして頂きますがその努力をアピールするチャンスが少ないという事になります。チャンスを活かせるかどうかも一種のカギになり、復縁出来るかどうかは運に頼らざるをえない事もあります。

近場とは違うデメリットがある事を覚えておかなければなりません。

遠距離での復縁工作は復縁したい相手の情報が乏しい事がある

復縁工作をする為には情報がとても重要になります。工作員を接触させる為には、どんな場所でどんな人間を、どんな状況を作って接触させるかがカギになります。

復縁工作をするには接触の段階から人間性を作り込み、パートナーの状況に合わせた形で接触させますが、情報がほとんどなく、どこに住んでいるのか?どこに勤めているのか?等が分からない場合はプロフィール設定の前に本人を探し出さなければならないという所まで出てきます。

インターネットで知り合った方々に多いのがお互いの家を知らない。電話番号も分からない。ラインのIDしか分からないと仰る方もいらっしゃいます。何も分からなければパートナーを探す事から始めなければなりません。手がかりはSNSに落ちている写真だけという方もいらっしゃいます。

そういった方の復縁に応える為には少しでも情報をかき集めなければならないのでネット復縁工作という手法も使います。

成りすましメールを装い対象者であるパートナーをおびきだし行動を把握する事もあるのでやり方は様々です。

何も分からなければ何かを分かる様にすればいい。それでも足りない情報は多々ありますし足りない情報を埋める為に調査員や工作員も必死です。依頼者の期待に応える為に情報をかき集めますが、それでも集まらない情報を元に工作をしてしまうと失敗する可能性も少なくありません。

パートナーに違う恋人がいる

遠く離れた距離での恋愛は近隣に違うパートナーの存在がいる事も多く、復縁工作の前に別れさせ工作をしなければならない事が多々あります。

距離の壁があり寂しさを紛らわせる為に手短な人との関係を持たれる方は少なくなく、ちょっとした気の迷いから浮気が本気になってしまっていたというケースもあります。

その場合は復縁工作をすぐに行った所で効果はありません。今いるパートナーの存在が重要視されてしまい、復縁工作が裏目になってしまう可能性すら出てきます。

そういった事にならないように事前に新たな恋人の有無や酷い方の場合は実は結婚していた。という事もあるので入念な調査が必要になってきます。

実は付き合っていない事に復縁屋は驚いた

依頼者の方から復縁工作の依頼を受け、出会いのキッカケ等を聞いているとSNS等のインターネットを介した出会いで知り合った方に見えるのが実は付き合っていないというケースです。

付き合っていなければ顔も直接見た事がない。と言われる依頼者も少なくなく、分かるのはSNSでのメールのやり取りのみという状況では復縁以前の問題になります。

顔も見た事がない。会った事もない。その状況で付き合っていると言われても復縁工作をしようがありません。パートナーの方をネット復縁工作でおびきだし、接触をしても依頼者の事が全く分からないというパートナーもいるくらいです。

遠距離での工作依頼を受ける際にこういった依頼者だけが付き合っていると勘違いしているケースもありますが工作員がパートナーに接触して初めて気付く事もあります。

遠距離での復縁工作のメリット、デメリットを知るのまとめ

遠距離恋愛での復縁工作は近隣とは違い行動の把握が依頼者にはしづらいという事が一番のメリットです。彼氏(彼女)はこの時間は〇〇をしている。と思い込み、疑いを持っていながらも信じたい気持ちからパートナーの言葉を信じていて、結果的に裏切られていたというケースも少なくありません。

遠ければ遠い程、依頼者の知っているパートナーの姿は別人である事も良くあり、調査によってそれが分かれば分かるほどパートナーに幻滅する依頼者も多々いらっしゃいます。

復縁工作で得た情報と依頼者の知っているパートナーの情報が全く違う事も良くあり、それらを埋める為に必死に自分自身と闘う依頼者の姿も良く見られる事です。

工作員のやる事は変わりませんが遠距離での工作には様々なメリットデメリットがあり、その中の一部を書かせて頂きました。

遠距離恋愛で復縁工作を考えている方の参考になればと思います。

この記事を読まれている方は↓の記事も読まれています。

復縁工作が出来るかどうかが判断できるポイントは?
復縁したいのであれば理解力をつけなければならない

アンケートにご協力下さい

この記事参考になった!
この記事つまらなかった!

復縁の悩みを抱えている方は下記の相談フォームに相談内容を書いて頂ければ相談員からご連絡させて頂きます。

携帯電話の方は携帯会社の設定によりメールが届かない事がありますので下記アドレスのドメイン解除をして下さい。

復縁アドレス

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

相談内容