復縁工作本気かどうかが分からない相談者の中には復縁したいというよりも自分のプライドを優先するといった相談者がいます。相談をする事で誰かに聞いてもらい、自分は悪くないんだと認めてくれる事で安心を求めてしまうといった方達です。安心を得た所で何に繋がるのでしょう?結局は自分自身がその問題から逃げる事を目的とし、本来欲しいはずの目的に辿り着きません。それが分かっているから相談に来られた所で気持ちが伝わる事もなく、結果的に復縁なんて最初から無理なんだ…という事に繋がります。

最初から無理なんだ…という気持ちが復縁に対して本気になれないという事に結び付きます。相談される側にしてみれば如何にして関係を再構築すればいいか?を考える為、本気で復縁したいという人へのアドバイスと復縁を本当に考えているのか?という人へのアドバイスとでは相談員の接し方も変わり、効果のあるアドバイスと全く効果のアドバイスとで大きな差が出てきます。

復縁屋が復縁工作をしても最終的に付き合うのは依頼者個人になりますから、適切なアドバイスをする事が出来なければ依頼者も努力方向を定める事が出来ず、結果的には復縁に結びつかないという事になりますから、本気で復縁する気持ちが見えない人への依頼というものを受ける事は出来ません。最初からやっても無駄だという復縁工作であれば工作の料金を依頼者に出してもらう事自体が無駄になりますし、無駄なお金を払ってまで復縁する気がない人に対して請求をする事には抵抗がありますし、頂く事は出来ません。

復縁工作に依頼すれば工作員が何とかしてくれてパートナーの方からヨリを戻そうとしてくれる等、本人に復縁への熱意がなければ、どだい無理な話です。心理的な作用を起こさせる様に工作員が接触後に工作を入れて、誰でも復縁出来るのであれば、それがパートナーだけに限定しなくてもタレントなどの有名人と付き合う事も出来てしまいます。

接点のあるないではなく、人の気持ちを操作するには限界がある為に、本当にトントン拍子に行ったとして、パートナーからヨリを戻したいという連絡が来ますが、こういった場合は工作の内容も簡単であり、且つ依頼者が本気で復縁したいと願った時に叶う事でもあります。この場合にも依頼者の復縁への熱意と言うモノが係わってきます。復縁への本気の熱意。これがなければそもそも復縁する事は出来ません。

どれだけ関係を再構築する為には復縁への熱意というモノが必要で、それがなければ復縁自体が無理な事だという事は分かるかと思います。本気で復縁したいのであれば自分自身を磨き上げ、工作員を復縁へのサポートに使う様に考えなければなりません

この記事を読まれている方は↓の記事も読まれています。

復縁したいと思わせる方法
対象者の警戒心

アンケートにご協力下さい

この記事参考になった!
この記事つまらなかった!

復縁工作をする復縁屋をお探しの方はコチラをクリック

復縁成功復縁成功2復縁成功3別れさせ成功