感情表現が苦手な人が復縁を望むサポートをする事がありますが感情表現は人間であれば当たり前に出来る事と思われる事が多く、その当たり前を当たり前だから周囲の人から指摘される事なく人生経験を積み上げてしまう方がいます。

人生経験を積めば積むほど周囲から指摘される事が少なくなる感情表現の問題ですが会社に在籍していれば、あの人は○○だから仕方ない…と周囲が半ば諦めモードの様な対応をしてしまいます。

本来なら感情表現について幼い頃からの人生経験、学校での出来事などが重なり自分を構築してくれますが、中には自分を構築する過程で人間形成がズレてしまい恋人との付き合いも上手くいかず復縁を望む結果になってしまうという事にもなります。

感情表現が苦手な為、好きという表現も上手く出来ず直接的な言葉に頼った愛情表現から恋人にも飽きが来てしまい長いお付き合いを重ねてもアッサリとした別れを経験してしまうのです。

感情というものを表に出さないのではなく出せない為、冷静などの言葉を掛けられる事もあるのですが、実際は表現の仕方が分からない為、愛情表現も難しく大切だという認識はされても愛されているという気持ちに恋人がなりづらい為、先のあるお付き合い(結婚)を考えた時に不安になり、別れてしまうケースがあります。

その場合、失ってしまった感情表現をもう一度取り戻す為の努力をしなければならず、感情表現は行きすぎても問題ですが感情表現がなさ過ぎてもいけません。

一般の人から見た許容範囲内に収まるからこそ感情表現について適切に対応出来るのであって一般の人の許容範囲を大きく超えた時別れは舞い降りてきます。

付き合うまでは気付かなかった事も付き合った後に関係が深くなるほど気付いてしまう事もあり、好きという状態を伝える事が出来ずに復縁したいから頑張ってるけどどうにもあと一歩が進まない…という事になるのです。

復縁したい…という気持ちはあれど、その表現の仕方が分からない為、復縁したい相手を誘っても業務連絡だけを繰り返し、デートはマンネリ化、それでも一緒にいて楽しいという感情を本人は持っている為何度もデートに誘うけれど少しづつまた飽きられてしまい別れが来てしまいます。

それであれば復縁する事は厳しく、いつまで経っても先に進む事が出来ません。

感情表現の仕方を上手く出来る様にコントロールする事が出来なければ復縁が叶う事はないのです。

この記事を読まれている方は↓の記事も読まれています。

恋の物語にエンディングは見えません。
復縁したいから…

アンケートにご協力下さい

この記事参考になった!
この記事つまらなかった!

復縁の悩みを抱えている方は下記の相談フォームに相談内容を書いて頂ければ相談員からご連絡させて頂きます。

携帯電話の方は携帯会社の設定によりメールが届かない事がありますので下記アドレスのドメイン解除をして下さい。

復縁アドレス

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

相談内容