復縁工作世の中に多数ある復縁ツールの中に復縁相談というモノがあります。この相談は他のツールと何が違うのか?どの様に有益なのか?という説明を復縁屋が書きたいと思います。

復縁相談と復縁マニュアルの違い

マニュアルとはどういうモノなのか?考えた事がある人はいらっしゃるでしょうか?マニュアルとは何かの操作をする為に〇〇をすると、この様に作動するといった取扱い説明書になります。こう考えた時、人間の取り扱い説明書というものは存在するのか?という事に気づきます。

そして、人間の取り扱い説明書が存在しない事に気づき、ましてやパートナーを特定した単体の取扱説明書は存在しない事にも気づきます。人間をましてや大切な人を取り扱う説明書は世の中に存在しません。復縁マニュアルとは特定の人間をさして書いてあるモノではなく、復縁が出来た人のパターンから幾つか掲載されているものです。このパターンがある特定の人に当て嵌まる事も極少数ありますが、大抵の方が当て嵌まる事はありません。

デートをマニュアル通りに遂行するとしても〇〇といった場所に行く事や〇〇といったプレゼントを買いましょう等、中身に関してはほぼ触れず、誰にでも出来る事だけが書いてある事があります。〇〇といった場所に行き、〇〇というプレゼントをあげればデートが上手くいったと思う方はまずいません。

デートで大切な事は〇〇といった場所に行く事でも〇〇といったプレゼントを渡す事でもなく、どこに行っても、何を渡したとしても、一緒に行った人を楽しませる事が出来、一緒にいる時間が大切だと思わせる事が重要です。しかし、マニュアルにはどの様にすれば楽しませる事が出来るのか、どの様にすれば感動を与え、何をすれば喜ばせる事が出来るか?という細かい事は書いていません。

これは書いていないのではなく、書けないという実態があるからなのです。

人によって何が好きで何をすれば喜んでくれるか?何をすれば感動を与えられるのか?は違います。こうした細かい部分においてマニュアルでは対応する事は出来ません。人間に取扱い説明書がないという事は、こうした細かい部分において、人それぞれ全く違うという事がある為に書けないから存在しないとも言えますし、存在しないモノに対してあたかも存在するように宣伝しているのが復縁マニュアルになります。

復縁相談はこういった細かい部分においてマニュアルとは違い、細かな話しを聞く事によって傾向と対策を打ち立てる事が出来ます。言うなれば出来上がった復縁マニュアルではなく、情報を元にオリジナルの復縁マニュアルを作成する事と同様になります。

復縁相談だけで復縁する事は難しいかもしれませんが、有料の復縁マニュアルよりも無料の復縁相談の方が絶大な効果を上げる事は間違いありません。

復縁相談と復縁占いの違い

復縁占いというヨリを戻す為のツールがありますが、基本的に占いというものは統計学だという事を理解しておかなければなりません。統計学とは過去に〇〇といった事例があり、その事例をしていた人は××であった回数が多いといった様な過去を遡ってみる事で〇〇な人は××といったパターンなどを集計したものが統計学です。

人間を12通りの星座の数で分類する事が出来ない事や、4通りの血液型で分類する事が出来ない事と同じで、統計をとった所で人をその幾つかのパターンで割振りする事は出来ません。過去に幾つかのパターンで復縁できたとしても、それが必ずしも当てはまる事はあり得ませんし、占いの通りにして関係を再構築できたというケースはまずありません。

毎朝ワイドショーで流れる血液型占いを見て、その通りに行動して本当に運勢が良くなるのであれば、日本中の方達が宝くじにも当たりますし、今こうして復縁で悩まれる事すらありません。運勢が悪い時には外出せず、運勢が良い時には公営ギャンブルだけをして生活が成り立つ人がいない様に、統計学というものは、この運勢だから「きっと〇〇なのではないか?」程度の予想でしかありません。

占い師によって当たる占い師や当たらない占い師がいますが、当たる占い師は沢山の統計学を見て勉強を多く積み、濁した言い方をして、占ってもらった方が錯覚をする様な、口が上手い方を当たる占い師と言います。

情報を元に相談をし、その相談内容によってどの様に頑張っていけばいいかを相談する復縁相談とは全く違います。復縁占いは過去のその他大勢の方の情報を元に良いであろう選択肢を提供するもので、復縁相談は特定の方を限定した情報を元にその方だけを絞り込み、相談するので向かう方向が全く違う事が分かります。

復縁相談で問題解決

復縁相談と復縁メールの違い

復縁メールと復縁相談の違いは直接話しをする事かメールやLINEなど、の電子ツールを使って相談するかの違いになります。

メールやLINE等で誤解を受けてしまったという方は世の中に少なくないと思いますし、急に怒った様な返信が来たという方も少なくないと思います。

これらは文字と会話の違いに気付かず、会話をしているかの様に文字を打つ事に慣れてしまった事から起こる事故の様なモノで、この事故に巻き込まれてしまった事がある人はこういった電子ツールを使っている9割の方が経験している事なのです。

伝えたい事を文字で書いた為に上手く伝わらず、誤解して伝わってしまった為に相手の怒りを買ってしまったという経験を大抵の方がお持ちの様ですが、復縁メールにはこの様なマイナスの部分が多くあります。どの様にすれば復縁できるのか?という復縁メールには文字による言葉の誤解を生みだし、誤解から生まれた理解は相手に伝わる事がありません。

自分自身で間違った誤解を元に理解をしてしまうと、それをそのまま間違った誤解のままパートナーにぶつけてしまう事になります。間違った誤解から来る間違った誤解の伝達は良い方向に進むどころかマイナスに進む事でしかありません。

そうした所からも誤解が誤解を招き、復縁への可能性が更に薄れていくという傾向があります。

復縁相談と復縁メールの違いは誤解のない様にきちんと理解を高めます。理解の高められない様な状況で復縁しようとしてもパートナー所か誰にも気持ちを伝える事は出来ません。誤った認識のない様に伝える為にもメールやLINE等での復縁メールに頼るのは大きな間違いになります。

復縁相談と復縁工作の違い

相談をしてその通りにすれば復縁に近づく事も出来ますが、情報を元にするあくまでもアドバイスというのが復縁相談です。助言をするだけで復縁に至る形はもちろん理想ですが、LINEをブロックされていたり、連絡先が変わってしまった…住んでいる所が分からない…パートナーに新しい恋人がいる等、一人ではどうにもならなく、助言だけではどうにもならない事が相談の限界です。

こういった場合には復縁調査から復縁工作というツールが有効になります。メールや占い相談等と違い、工作員を接触させて直接的に心理面で揺さぶりをかける事や調査する事で状況の変化等、あらゆる面で他のツールを圧倒する事が出来ます。パートナーに新しい恋人が出来ている時には一人で別れさせようとしても難しいものがありますし、相談だけでは諦めて下さいという助言をする事しか出来ません。

実際に行動をする事と頭の中で考える事には大きな差があります。

復縁相談の必要性

一人で復縁できない方には復縁工作でしか関係を再構築する術がありません。どうにもならない状況に頼るモノが復縁工作であり、どうにもならない状況の前であれば工作に頼らなくても復縁する事は難しい事ではありません。切羽詰ってから相談をしてしまっても、仮にパートナーに新しい恋人が出来てしまっていたら相談をした所でどうにも解決しないのが復縁です。

一人で出来る事をとにかく頑張り、復縁に向けて何をすべきなんか?どういう方向性で頑張ればいいのか?等、自分で出来る事を見つけ、それに向けて努力をする事が大切になります。復縁相談に来られる方の多くは自分がどう頑張れば良いかが分からず、一人で悩んでしまっている方が多くいます。

その為の活路を見出すのが復縁相談になりますから相談をするのも5分で簡単に済ませたいという様な事ではアドバイスも出来ません。

時間をかければ解決する問題ではありませんが、主観的な見方と第三者の客観的な見方では全く違う見方になります。全く違う見方が出来れば、問題解決に対して新たな糸口を見出す事が出来ますし、それによって解決出来る事も多々あります。

新たな視点から今の状況を冷静に分析し、そこへの活路を見出す為には一人ではどうしても出来ない事があります。その為に誰かの力に頼る事は決して間違った事ではありませんし、正しい選択であると言えます。復縁したい人はまずは相談をしてみる事をおススメします。
この記事を読まれている方は↓の記事も読まれています。

クリスマス前の復縁
狙いの定まらない依頼者

アンケートにご協力下さい

この記事参考になった!
この記事つまらなかった!

復縁工作をする復縁屋をお探しの方はコチラをクリック

復縁成功復縁成功2復縁成功3別れさせ成功