復縁工作復縁工作の依頼を頂き、復縁に向けて行動していると、もう復縁出来るという瞬間が見えてきます。直前の依頼者達は復縁に向けてソワソワし、ゴール間際の状態を実感するものです。

工作員がパートナーに接触し、十分な感触がある事を伝えた時の依頼者の喜び方はとてつもない喜びを感じて下さいます。復縁した後ももちろん喜んでいらっしゃいますが、復縁出来ると判断出来た事を報告した時の方が喜びが強いようにも感じるモノです。

別れを決意され、時間が経ち、沢山の努力と我慢を積み重ねていった結果、復縁への道へとたどり着きます。そこまでに積み重ねた努力の日々は依頼者の方々にしてみれば地獄の日々でしょう。

最愛のパートナーと距離を取られ、最愛のパートナーの声を聞く事も会う事も出来ません。工作がいくら成功していると言っても、偶然を装い出会わせた結果がどうなるかという事はパートナーにしか分かりません。

工作で話しを煮詰め、復縁してもいいかも!?と思っている状態も一日寝ればその熱が冷めてしまうといった事もない話しではありません。最後の土壇場で何が起こるのか分からないのが復縁なのです。

復縁したい人は、土壇場でどうなるか分からない状況でも、以前の状況よりも改善されている事を喜びますが、復縁屋も依頼者も最終的に求められるものは結果です。途中の工程をいくら上手に出来ていたとしても、その工程が最終的にまとまらなければ今までの工程は無駄に終わる事と同じです。そうならない為にも最後まで最新の注意を払い、可能性を少しでも上げる事で依頼者の不安を取り払います。

そういった復縁工作による復縁の前日が一番依頼者がソワソワする日になります。

そして依頼者の復縁出来るかも!?という気持ちに応えようと頑張っていた工作員も依頼者と同様に不安や喜び等をかみしめる事になるのです。

この記事を読まれている方は↓の記事も読まれています。

復縁工作が通用しなかった相手
復縁屋は人生相談の場ではありません

アンケートにご協力下さい

この記事参考になった!
この記事つまらなかった!

復縁工作をする復縁屋をお探しの方はコチラをクリック

復縁成功復縁成功2復縁成功3別れさせ成功