復縁工作復縁したいけど復縁工作に頼むお金がない…だから自分で復縁工作をしたいという方がいらっしゃいます。復縁屋に頼めば調査員や工作員にかかる費用もばかにならないので、そういう考えになるのは分かる気がします。

では復縁屋に依頼しなくても復縁工作が出来るのかどうか?という結論から書きますが、自分で復縁工作をする事は出来ます。

と言っても一人で出来るモノではありません。復縁工作は第三者がパートナーに接触するからこそ状況を聞き取る事ができ、復縁に向けた心理的誘導を行う事が出来ます。

その為、工作を行うには復縁したい張本人ではなく、パートナーに接触でき、パートナーの味方であり、パートナーに話しを聞かせられる方でなくてはなりません。

探偵に頼まなくてもこの様な状況に該当する方がいらっしゃり、状況を説明し、復縁を応援してくれる友人や知人がいるのであれば工作は探偵に頼まなくても出来ます。

パートナーの味方でありながら裏では復縁したい人の味方をしてくれる友人を使えば復縁工作と同じ事が出来る様になります。

パートナーの味方である理由

工作をするのにパートナーの味方である必要があるのか?と疑問に思われるかもしれませんが、パートナーの味方であるかどうかでパートナーが聞く耳を持ってくれるかどうかが変わります。

工作員はパートナーに偶然を装って出会う訳ですから依頼者の存在の事は知らない事になっています。依頼者の存在を知らない体をとっているのでパートナーからしてみれば復縁させようと接触してきた工作員だとは思いません。

実際は依頼者から頼まれたので依頼者の味方ですが、パートナーにその事を気付かれないようにしなければなりません。パートナーの味方であれば、依頼者側への文句や依頼者の良い所等を聞く事が出来るので味方であればあるほどパートナーの状況を確認する事が出来ます。

情報が多ければ心理的誘導もしやすく、更に言えば味方でない人から復縁を進められた場合は警戒心を持つ事がありますが、味方から進められた場合は警戒せずに復縁を考えさせる事が出来るメリットというメリットがあります。

パートナーに話しを聞かせる事を出来る事が必要な理由

パートナーに話しを聞かせる事を出来る事が必要な理由の一つとして、話しを上手に聞かせる事が出来ず、他人の話に対して意見を言えずただ、頷いている様な人では工作員の代わりは務まりません。

工作員の代わりを務める為には、話し上手であり、聞き上手、更に言えば心理的誘導が出来る様なタイプの方以外に頼んでしまうと、元々の知り合いだから接触は出来ますが、復縁に向けた話しにはなりません。

話しを聞かせる事が出来る理由として、話しを聞かせる事が出来なければ、その接触はただの友人同士の集まりになってしまい、本来の目的とは異なった趣旨で動いてしまう形になります。パートナーに話しを聞かせる事が出来るかどうかはとても大切な事なので、この部分が欠けていては工作員として成り立ちません。

知識と経験が必要な理由

復縁させる為には、どんな話の仕方をして、どんな事をすれば復縁してもいいかな?と思わせられるか?という事は知識や経験がなければ分かりづらいかと思います。

行き当たりばったりで復縁を目指しても復縁に繋がる事はなく、知識や経験がなければ工作をして復縁の可能性がなくなる可能性があります。

〇〇に頼まれて復縁をススメテ来るの?

という言葉に

自分で勝手に言っているだけです。

という言葉はパートナーに信用される事はなく、依頼者の事を知らない第三者であるからこそ復縁をススメタ所で素直に聞き入れてくれるという事もあります。

知識や経験のない人がする復縁工作は可能性を潰すリスクが発生するという事を理解して下さい。

心から応援してもらう理由

パートナーの友人に工作を頼む場合、依頼者の事を心から応援して下さらないと途中でパートナーの言い分を聞き入れてしまい、復縁なんてしない方が良い!!と、逆に復縁に反対してしまう事もあります。

パートナーも一人の人間ですから、心があり、考える脳があります。その為、依頼者に頼まれてパートナーに復縁の話しをススメても逆に的になってしまう事もあります。

復縁を本当に応援して下さる方でなくては、最悪の結果、依頼者から頼まれて復縁する様に動いて欲しいと頼まれた等とパートナーに暴露されてしまう事もあります。

心から応援してくれる人を探さなければなりません。

まとめ

復縁屋に依頼をしなくても復縁工作をする事は出来ます。復縁工作の手法は明かしませんが、工作員の代わりを見つける事が出来る人は少なくありません。

しかし、素人の工作員には様々なリスクがあります。有料には有料の、無料には無料のメリットがあり、デメリットがあります。

金銭面での負担をかけたくないのであれば、復縁の可能性がなくなるメリットも考えなければなりませんし、有料には有料のメリットがあるという事も考えなければなりません。

経験や知識もなく、工作の真似事をしてせっかくある復縁の芽を潰してしまってもそれはそれで仕方ないと考えるのか、有料でも復縁の芽を活かし、ヨリを戻す事に専念するのか?

どれだけ本気で復縁したいかどうか?が問われる分かれ道になると思いますが、一長一短ある事ですから、どちらを優先するかは依頼者次第になります。

この記事を読まれている方は↓の記事も読まれています。

電話とメールで対応が異なる人
復縁屋を味方に付ける事で可能性を上げる

アンケートにご協力下さい

この記事参考になった!
この記事つまらなかった!

復縁工作をする復縁屋をお探しの方はコチラをクリック

復縁成功復縁成功2復縁成功3別れさせ成功