復縁したい方々が最後の頼みの綱として頼るのが復縁工作になりますが、復縁工作は絶対に復縁成功させられるという様なものではなく、復縁工作を行う事によって復縁成功させる為のキッカケ作りをさせて頂く為のものでしかありません。

復縁工作しても絶対に復縁が出来ないと判断出来るのが、ご相談頂いている際に依頼者がどうにもならない人になります。

復縁工作の検討をしている。

この時点で自分はお客様です。

という意識が強く、誰かに助けてもらうという認識がないので復縁屋を自分の手下の様に使えると勘違いしている方になります。

復縁屋は依頼者の手下ではなく、復縁成功させる為のパートナーになります。

パートナーに対して自分の言いなりに動かそうとした所で依頼内容であれば稼働はしても、工作員が入手してきた情報に対して素直に聞き入れる事が出来ません。

お客様意識が強い依頼者は自分はお金を払っている立場なんだからやって当たり前という考えを持ってしまい、復縁工作で入手した情報に対して復縁屋側がアドバイスをした所で聞き入れる姿勢が出来ないのです。

聞き入れる姿勢が持てなければ復縁工作をして別れの原因を聞き出した所で改善する為のアドバイスを聞き入れる事が出来ません。

別れた時と同じままの状態で復縁を目指した所で復縁に到る事はなく、復縁に到る可能性を自ら潰す様な依頼者であれば復縁屋側が依頼をお断りしなければなりません。

復縁工作をした所で復縁成功する可能性が全くないのですから依頼を請ける意味がありません。

復縁成功させる為に組んだパートナーとお金を払って工作員を自分の思い通りに動かす為の関係性のどちらがより復縁成功率が高くなるかは一度お付き合いに失敗している方なら考えなくても分かる事なのではないかと思います。

この記事を読まれている方は↓の記事も読まれています。

復縁工作の契約書
復縁工作の仕組み

アンケートにご協力下さい

この記事参考になった!
この記事つまらなかった!

復縁工作をする復縁屋をお探しの方はコチラをクリック

復縁成功復縁成功2復縁成功3別れさせ成功