復縁工作復縁屋が行う復縁工作には様々な方法があります。復縁したい相手なんてそんなにしょっちゅう表れるモノじゃないし、復縁の仕方が分からない…という方は誰かに頼るしかありません。そういった場合に頼れるサービスを行っている探偵が復縁屋です。

復縁屋が行う工作の内容とはどういったものなのか?復縁って難しくないの?という方に復縁工作の方法を知って頂き、これなら復縁出来るかも!?と思われれば依頼するなり、相談してみるなりしてみるといいと思います。

パートナーとケンカをしてしまい、連絡がつかなくなった場合の復縁工作の方法

パートナーとケンカをしたのであれば、その誤解を解かなければなりません。誤解を解く為に工作員を接触させ、復縁に向けて誤解を解く為の話し方をします。

この場合における復縁工作の心理的誘導とはパートナーの今までの恋人関係を聞きだし、その中から依頼者の特定をさせます。ケンカについて未だ怒りが冷めていない状態であれば、パートナーの視点からケンカに対しての怒りを聞き出す事で、依頼者側との意見の食い違いが必ず出てきます。

意見の食い違いはケンカの際中であればお互いが意見をぶつけ合い収集がつかなくなりますが、時間を空け、冷静になった時間帯であればどちらかが悪いと考えるのではなく、お互いに原因があったと考えがちです。その部分からパートナーを失った時の大きさと意地を張る部分とどちらが大切か?という部分に触れ、双方に原因があるという考えに行きつかせます。

双方に原因があれば、後は依頼者との関係を失っていいのか?という方向に話しを進め、依頼者の嫌な所などを聞きだし、「それさえ直ればケンカする事なんてないのに…」という考え方にもっていかせます。

依頼者側の嫌な所を修正する事で復縁の後も良好な関係を築き上げる事が出来る様になります。

依頼者の浮気が原因で別れた時の復縁工作の方法

依頼者の浮気が原因で別れを決意した際はどれだけパートナーがその浮気によって心の傷を負っているかどうかを調べなければなりません。

何度も浮気した結果、別れを決意された場合と、一度の浮気で別れを決意された場合では内容が異なります。一度の浮気によって別れを決意された場合は、それだけ依頼者の事を信じていた事に対する裏切り行為で許せなかったという事もあり、裏切り行為に対する怒りよりも愛情の方を強く持たせるような工作をしなければなりません。

愛情を強く持たせる事で一番使いやすいモノが過去の思い出です。付き合っている最中にデートをした事がない人はいないので、デート中の依頼者の事や付き合い始め当初、どんな所に惹かれていたのか?という部分をパートナーから聞きだし、過去の綺麗な思い出を更に美化されるように増幅した話し方をする事で心理的な部分に訴えかけます。

裏切り行為は絶対に許せない!!という気持ちがあるのは当然であり、その怒りに対する気持ちの大小はありますが怒りは時間と共に風化します。常に同じ事に対して怒っていられる人間はいませんから、その怒りの部分よりも愛情の部分を上回れば関係を取り戻す事は可能です。

複数回の浮気が原因で別れてしまった場合はパートナーに依頼者の信用はありません。二度ある事は三度ある。という諺が昔からありますが、複数回の浮気に対する怒りが増幅しているのは間違いありませんから、その部分の誤解を第三者が解くのはとても大変な労力を必要とし、相当に難しいものとなります。

こういう状況であれば、浮気をしていた事が許せないのは勿論ですが、それでも付き合っていた理由を聞きだし、依頼者の魅力についてパートナーに語らせます。悪い部分があったにしてもそれを上回る良い部分があったのでパートナー本人にその魅力を語らせる事で依頼者の魅力に再度気付かせます。

魅力に気付かせた後はタイミングを見計らい、「もし、もう2度と浮気しないとしたら復縁したいか?」という言葉を投げかけ、即答で「そうだね」という言葉が出る様ならば、パートナーと依頼者を偶然を装い出会わせ、浮気をしない事を大前提で復縁を伝えさせます。

返事が鈍い場合はパートナーに依頼者の魅力を語らせた部分に対して、褒めちぎり、依頼者と別れた事を後悔する様に仕向けます。工作員に褒めさせる事で依頼者の事を考えさせる事と同時に他人が欲しがるモノに対して魅力を感じてしまうという人間心理を操作するという手法です。工作員が依頼者を褒めれば褒めるほど、別れた事に対する「もったいない」という気持ちが芽生えてきます。

パートナーが浮気した事が原因で別れた時の復縁工作の方法

パートナーが浮気した事が原因で別れに至るケースでは、パートナーが今もその相手と浮気しているのか?それとも別れているのか?で工作の方法も変わってきます。

浮気相手と別れている場合、依頼者との関係を後悔しながらも自分の不貞が原因で別れた訳ですから、パートナーから復縁したいと言い出せない事があります。復縁調査の段階で別れたかどうか?の確認はとりますが、パートナーが別れている場合、工作員を接触させた後は、浮気を全否定するのではなく、一度の過ちは誰にでもあるという形でパートナーに接触をし、どうやって復縁出来るか?を考えようとパートナーよりに立って復縁の方向へ話しを進めます。

頃合いを見ながら依頼者と偶然を装い接触させますが、この場合はパートナーと工作員がいる所に偶然依頼者が来るという設定にしなければなりません。

パートナーと浮気相手の関係が続いている場合は、パートナーと浮気相手を切り離す別れさせ工作から入らなければなりません。ロミオとジュリエットという物語をご存じない方は少ないかと思いますが、ロミオとジュリエットは「会えない」という障害がある為に逆に二人を燃え上がらせたという話しで、浮気相手との関係もやってはいけない「禁断の行為」だからこそ情熱的にさせてしまっていたという事も考えられます。

依頼者という「障害」がなくなった以上、そのカップルには障害がなくなった訳ですから、以前よりは情熱的な関係でなくなっている可能性も高く、別れさせた後はパートナーにとって本当に大切な人は誰であったのか?という事を考えさせるように仕向けます。ひと夏のアバンチュールが長く続かない事と同様で、本当に大切な人が誰か?という事に気付かせた後はパートナーの方に一瞬の遊びを後悔したと思わせる様に仕向ける事で復縁への道を作ります。

連絡がつかなくなった場合の復縁工作の方法

パートナーと連絡がつかなくなった。もしくは別れた後に連絡していない。という方の復縁相談が一番多いです。連絡つかなくても復縁出来ますか?と言われるのですが、ケンカをしても連絡がつかなくなる事は良くある事ですし、お互いに意地を張って連絡がつかないという事も良くある事です。

こういった場合は工作員を接触させた後、連絡が途絶えた理由をパートナーから聞きだし、恐怖感があるという事や、それ以外の理由があればその情報を取得する事に最初は全力を尽くします。

その後、その情報を修正する話しをする事で考え方を変えさせます。情報を修正すると言っても「あった事をなかった事には出来ません。」あった事はあった事として認め、連絡がつかない様な状況を作ってしまった状態をなくすような状態を作り始めます。

連絡がつかない状態から連絡してもいいかな?と思わせるには連絡させるキッカケを作らなければなりません。連絡させるキッカケ作りに必要なキーワードは「連絡してもいいかな?」という事です。連絡してもいいかな?と思わせる為に必要な事は、物理的に連絡しなければならない状況を作るか、思い出を美化させるといった事になります。

思い出を美化させる為には依頼者の良い所をパートナーに吐き出させ、悪い所よりも良い所をパートナーの中で上回せるといった事が大切です。悪い所を上回らせ、良い所に目を向かせる事で見方が変わり連絡してもいいかな?という状況を作る事が出来ます。まずは連絡が取れる様にした後、過去の事をナシにする事は出来ませんが、良い思い出や依頼者の魅力を上回らせる事で連絡を取る事や復縁に成功させられるといった手法を用いられます。

大まかな復縁工作の方法

復縁工作と聞いて、何をするんだろう?と思われる方も多いと思います。ここでは復縁工作の一例をいくつか書かせて頂きましたが、状況によってやり方は変わってきます。

思い出を美化させる事や悪いイメージよりも良いイメージを植え付けるなど、工作で出来る事といえば大抵が「考え方を変えさせる」という事です。洗脳等の類と違い、考え方を変えさせる事は人であれば少なからず出来ます。人と人が話した後、他人の意見には少なからず影響されます。逆に考え方を影響されない人はいない所を利用するのが復縁工作です。

依頼者が復縁相談をし、相談員と接点を持つ事で考え方を変える事もあります。有名人や著名人の本を読んで考え方が変わる事もあります。考えを変えるという事は誰にでも出来る事でもありますが、思っている方向に誘導する様に考え方を改めさせる事は一般の方には難しいモノがあります。

誘導の仕方や話の持って行き方、復縁工作の手法で一番大きいのはこういった心理的な部分からの考えを変えるという事です。

この記事を読まれている方は↓の記事も読まれています。

復縁を信じる人には結果がついて来る
復縁工作以前の問題

アンケートにご協力下さい

この記事参考になった!
この記事つまらなかった!

復縁工作をする復縁屋をお探しの方はコチラをクリック

復縁成功復縁成功2復縁成功3別れさせ成功