復縁工作の成功率を下げる依頼者の暴走を止める為に担当者は必死に依頼者への対応を欠かしません。

担当者が依頼者の暴走を止める為に毎日の様に連絡をさせて頂きますが、何故暴走しそうだと判断出来るのか?何故暴走してしまえば復縁工作が失敗してしまうのか?

復縁工作の成功率を下げる依頼者の暴走を制御する事は復縁屋の為でもあり、復縁工作成功の為でもあり、何よりも依頼者の為になる為、担当者は必死に依頼者の暴走を止めます。

復縁工作を行う事で依頼者は暴走しても復縁成功させてくれるだろう。と考えがちになりますが、復縁成功には少しでもミスを少なくし、復縁までを最短距離で走る気持ちで挑まなければなりません。

最短距離というからには、途中で意図しないトラブルが発生するのは仕方ないにしても、依頼者や工作員側がトラブルを発生させ、成功率を下げる訳にはいきません。

復縁工作を行う工作員は復縁工作の依頼を何度も経験している為、復縁工作で起こり得るミスやトラブルに関しては自ら起こす事はありませんが、依頼者は復縁工作の経験がなく、経験がないからこそ復縁工作中に起こしてしまうミスやトラブルを事前に予測した行動をする事が出来ません。

復縁工作中に起こり得るミスやトラブルを予期しないままに行動されてしまい、結果的に復縁工作が失敗してしまえば復縁屋側にとってもデメリットでしかありません。

デメリットを起こす事を事前に防ぐ為にも依頼者の暴走を担当者は必死に制御し、復縁工作成功に繋げる為に、些細な事であっても依頼者と担当者は連絡をし、常に確認する様に行動する事が求められます。