復縁工作の成功率を下げる依頼者の暴走をご依頼を頂くと復縁屋は止めなければなりません。

工作員が対象者に接触した後に依頼者が暴走して関係を拗らせてしまうケースは少なくないので担当者は依頼者の暴走を止める為に日々ご連絡させていただき、依頼者の状況確認もさせていただいています。

依頼者が暴走すれば状況が悪化し、対象者の心理が復縁から遠ざかるケースは少なくありません。

依頼者の暴走を止めるのは復縁工作の成功率を上げる復縁屋の為であり、依頼者の復縁したい気持ちを叶える為でもあります。

復縁工作の依頼をすると安心してしまい、少しでも早く復縁したい気持ちが芽生えてしまい、一目だけでも対象者の姿を確認したいと対象者の元を訪れ、突然訪れて来た依頼者に恐怖心を感じてしまいストーカーの被害届を出す対象者も過去には存在し、依頼者の暴走で復縁成功率を低下させてしまったケースは少なくありません。

復縁屋は依頼者の要望を叶える為に最短距離で復縁出来る為に奔放します。

復縁に向けて復縁屋が進めている状態を壊す要因で一番多いのが依頼者の暴走になります。

復縁工作の依頼をするのは復縁する為ですから復縁工作の依頼をして失敗しない為に参考にして下さい。

復縁工作で失敗しやすいケースは依頼者に問題がある場合が多々あります。

復縁工作が失敗するケースで一番の理由は復縁屋に対する依頼者の協力する姿勢が全くない場合になります。

復縁工作はあくまでも依頼者をサポートする為に依頼を承るので依頼者の協力がなければ復縁工作が成功する事はありません。

工作員が対象者から別れの理由を聞き出して来ても依頼者が別れの理由について受け止める事が出来なければ復縁に辿り着く事はありません。

復縁の主役は依頼者と対象者であり、工作員は黒子の存在になります。

黒子がいくら頑張ったところで復縁という舞台が成功する事はありません。

工作員が何をしたところで最終的に判断されるのは依頼者になります。

依頼者が復縁に向けて行う努力から手を抜けば復縁工作が失敗する事は明らかですし復縁工作が失敗するケースでは依頼者の手抜きが理由となる場合がほとんどです。

復縁工作が失敗した場合の方向性を示すのも復縁屋の仕事

復縁工作が失敗したら復縁を諦めなければならない訳ではありません。

上述した様に復縁工作が失敗する理由で一番多いのが依頼者が努力を手抜きするケースがほとんどであり、努力を手抜きしたのなら努力をすれば復縁の可能性を取り戻す事も可能になります。

何事も成功する事も失敗する事も理由があり、理由があるから結果として成功、失敗に繋がります。

失敗したなら失敗を糧に成功する為の努力を重ねれば済む訳ですし失敗を繰り返せばいつかは成功に繋がる事もあり得ます。

復縁工作が失敗したから復縁を諦めなければならないのではなく、復縁工作が失敗した際は復縁する為の方向性を示すのも復縁屋の仕事になります。

多くの復縁屋は復縁工作が失敗した後に失敗した後ろめたさがあるので依頼者から逃げてしまいます。

失敗したなら失敗した理由がある訳ですから、失敗した理由を検証して次に何をすれば良いのか、という提案が出来ないのは復縁に携わっていない復縁屋であるとも言えます。

その為、依頼者が復縁出来なかった心の落ち込みを解消出来ず路頭に迷ってしまうので、復縁屋は本来なら依頼者が路頭に迷わない様に次の提案が出来なければ復縁屋とは言えません。

復縁工作のやり方次第で依頼者が関係なく失敗する復縁屋も多数あります。

復縁工作の方法を間違えて提案し、間違えた方法を提案されたにも関わらず復縁のプロだと信じ切って復縁屋と契約してしまい、復縁屋が提案した復縁工作の方法が元々間違っていた為に復縁出来なかったというケースも存在します。

復縁工作が下手な復縁屋に依頼してしまった場合、元々提案されていた方法自体が間違っている為、復縁成功に辿り着く事はありません。

元々の方法が間違えている訳ですから依頼者に問題があって復縁工作が失敗したのではなく復縁屋に問題があって復縁工作が失敗したケースになります。

他社にご依頼された方々から話しを聞いていると、元々提案された方法がどこをどう考えても復縁に繋がらない事が分かる方法を提案する復縁屋も存在している様です。

元々復縁出来ない方法を提案しているので依頼者に問題があるというよりも復縁屋が提案する方法があり得ない方法なのですから依頼者には何の落ち度がなく失敗するケースももちろんあります。

復縁屋の中には復縁を理解していない復縁屋も多数ありますので復縁を理解していない復縁屋との契約には十分ご注意下さい。

復縁工作をしても無駄なケースのご依頼を承る復縁屋はありません。

復縁の可能性がない案件に関して復縁屋が復縁工作のご依頼を承る事は出来ません。

復縁工作しても絶対に復縁出来ない事が事前に分かっていながら復縁工作のご依頼を承れば復縁させる為に依頼を承るのではなく復縁工作の依頼を頂く為に依頼を承る事が分かります。

復縁工作をしても復縁出来ない事が分かっていながら復縁工作を勧める復縁屋もありますので十分ご注意頂けますようお願いしています。

復縁工作の検討をしているお客様意識の強い方は失敗する可能性が高くなります。

復縁工作の検討をしているお客様意識が強い方は復縁屋と二人三脚で復縁成功を勝ち取ろうという意識が低く、復縁屋に在籍している工作員を手下の様に捉えている為、復縁工作で聞き出した別れの原因などについて改善していく為のアドバイス等を素直に受け入れる事が出来ず、対象者が感じている不満を解消出来ない為、復縁成功に繋がらない可能性が高くなります。

工作員は依頼者の手下として復縁成功を目指す訳ではありません。

工作員は復縁成功させる為の同等の立場のパートナーになります。

同等の立場のパートナーに対して、依頼者が言いなりになる様に動かそうとするのは正しい事ではありません。

恋人という状態は立場が同等であり、上下関係があるモノではありません。

上下関係がなく同等の立場のパートナーに無意識の内に上下関係を築き、間違った上下関係を潜在意識で持ってしまっているのでパートナーから距離を置かれている可能性も十分に考えられます。

同等のパートナーである復縁屋に対してお客様意識が強く手下として従わせようとする場合、元々の考え方が間違っている訳ですから復縁工作の依頼をしても復縁に繋がるはずがありません。

復縁工作の依頼をする以上、依頼者と復縁屋は共通の目的に向かって協力し合うパートナーになります。

お金を払ったから手下になって自分の言う事を聞かせる関係ではなく、恋人の関係も付き合ったから何でも元彼、元彼女を従わせる事が出来る訳ではありません。

無意識の内に相手を従わせようと考えていれば誰でも反発されますし、相手が人間なら貴方の思い通りに動かせると思う事自体間違った考えになります。

復縁屋に依頼してお客様意識が強いまま復縁工作が成功する事はありません。

潜在意識にある認識を改めなければ復縁の芽が芽吹く事はありません。