復縁工作の依頼をしたい方からご相談を頂きますが、復縁工作の依頼を受ける側としては一般常識のある方か、ない方かの判断をさせて頂いています。

一般常識のない方からご依頼を受けたまわってしまった場合に依頼者がストーカー行為などをすれば弊社も警察の取り調べに応じなければなりません。

無用なトラブルは避けたいのが本音ですし、復縁の協力をしようとして警察沙汰になりたい復縁屋はありません。

その為、復縁工作の依頼を検討される方が一般常識のある方かどうかの判断をさせて頂かなければ犯罪に巻き込まれる可能性があります。

例えば口のきき方がまともでない方からご依頼を頂いた場合に犯罪に巻き込まれる以前に復縁できるのか?という部分で疑問が沸けば復縁工作の依頼自体をお受け出来ません。

口のきき方すら一般常識で出来ない方が、そもそもの一般常識を理解しているのか疑問ですし、一般常識のない方が復縁を望んだところで大切なパートナーが振り向いてくれるのか?

甚だ疑問でしかありません。

甚だ疑問でしかない方から復縁工作の依頼を受けた場合、まず復縁成功は出来ません。

復縁屋を依頼者が選ぶように考えますが、復縁屋は選ばれる側というよりも選ぶ側になり、依頼を選ぶ側の復縁屋が一般常識のない依頼者の復縁を成功させる事は出来ません。

もちろん復縁屋を依頼者が選ぶ復縁屋もあり、依頼者が選ぶ復縁屋の場合、復縁工作をそもそもしない訳ですから、復縁成功はありません。

復縁屋に選ばれずに復縁屋を選ぶ依頼者。

どちらにしても復縁工作が出来ない訳ですから復縁屋探しすら無駄になります。

復縁工作の依頼をしてもらって復縁成功を目指すなら、せめて一般常識を持って復縁屋と接する事が求められます。

この記事を読まれている方は↓の記事も読まれています。

復縁工作をしても無駄なケース

復縁工作を検索する人へ