復縁工作を依頼する前には復縁相談をしなければ復縁工作の依頼をする事が出来ません。

復縁工作はどんな内容でも請けてもらえるものではなく、ストーカー対策はもちろんですが復縁の可能性を見出さなければならない為に復縁相談での相談内容は必須になります。

誰でも復縁工作の依頼を出来る訳ではなく、復縁の可能性がある方のみ復縁工作の依頼を請ける事が出来る為、復縁相談時に状況をお伺いさせて頂かなければなりません。

もしも復縁の可能性が0%だと判断した状態で復縁工作の依頼を請ける事になった場合、復縁屋は一体何の為に工作員を対象者に接触するのかは分かりません。

復縁の可能性が0%だという状態で復縁に向かう様に心理誘導した所で復縁に向かう可能性は0%です。

復縁に向けた心理誘導を行った所で対象者に嫌悪感を持たれてしまい、下手をすれば工作員が復縁目的で近付いて来たのでは?と疑われてしまう事も考えられます。

そうなってしまえば復縁工作をする事で元々復縁の可能性が0%だったかもしれませんが、マイナスの要素まで与えてしまいかねません。

本来復縁屋は復縁の可能性を上げる為に復縁工作の依頼を請けるものであって復縁の可能性を下げる為に復縁工作の依頼を請けるのではありません。

復縁工作の依頼を請ける事が出来るかどうかの判断をする為には復縁相談がとても重要になり、復縁相談を出来ない状態で復縁工作の料金はいくらですか?どんな方法で復縁工作をしてくれるんですか?と質問をされてもお答えしようがありません。

例えば復縁相談時に相談者の方からお伺いさせて頂いている内容が、ちょっとしたケンカの拗れの様な状態であれば復縁工作をする必要もなく、アドバイスをする事で復縁出来る事もあります。

相談者がちょっとしたケンカだと考えるけれど、第三者から聞いていれば、それはケンカではなく、相手の心が確実に離れてますよ…という状態であれば復縁工作を勧める事になります。

しかし、復縁工作をしなければならない理由があり、工作をしなければ致命的ですよ。という決定的な理由があるからこそ復縁したいなら復縁工作を勧めなければならないのであって、理由なく復縁工作をすれば復縁出来る可能性高いですよ。といった事を復縁屋が言う事はありません。

復縁相談を頂く中で、その理由があり、理由を直せば復縁の可能性を見出す事が出来、その復縁の可能性を最大限に上げるのが復縁工作になります。

復縁工作を行う事で復縁の可能性を最大限に引き上げる。

その為には復縁相談をシッカリとさせて頂く。

復縁屋が出来ることは復縁工作の依頼を頂くだけではなく復縁の可能性を最大限に引き上げる事になります。

この記事を読まれている方は↓の記事も読まれています。

復縁工作の相談?依頼?
復縁工作で悲しい想いをする依頼者

アンケートにご協力下さい

この記事参考になった!
この記事つまらなかった!

復縁工作をする復縁屋をお探しの方はコチラをクリック

復縁成功復縁成功2復縁成功3別れさせ成功