復縁工作依頼者が復縁に向けて努力をするのは当然です。復縁したいと願うのですからヨリを戻す為に自分自身の変化がなければ復縁する事は出来ません。

別れを切り出された人と、何の魅力もなくもう一度やり直したいと考える奇特な人はいませんから、何かしらの魅力を自分自身の変化によって付けなければ、関係を取り戻す事等出来ません。

では自分自身を変える為に何をすればいいのか?見た目を変える?収入を変える?これら表面上の事を変えればパートナーは戻ってくるのでしょうか?これに関してはNOという言葉でしかありません。

一度も付き合った事がない様な状態であれば、外見などの表面上のプロフィールの問題で付き合うかどうかが変わってきますから変化を望むのは大切だと思います。人間の印象は第一印象で変わりますから、初めて付き合う状態であれば外見のプロフィールはとても大切ですが、復縁に関しては一度付き合った事があり、外見の問題などをクリアした上でお付き合いが始まっている訳ですから、別れた後にその部分を修正して、ヨリを戻すという事はあまりありません。

復縁マニュアルに良く書いてありますが、自分自身を変えるという事に外見の変化を求めている事を書かれている事がありますが、人が持っている外見のスペックは整形でもしなければ変わる事はありませんし、服装などを変える事でやり直せるという事はありません。

考えを変える

外見を変える際に服装等をパートナーの好みのタイプに変えるという事もマニュアルには書いてありますが、この場合は服装事態を変えるのではなく、服装に対する考え方を変えるという事が正しい解釈の仕方であるとも言えます。

服装を含む外見の問題は変えないよりは変えた方が良い事はもちろんですが、本当に変えなければならないのは上記でも書いた様に、服装等への考え方の変化です。一度付き合った状態であれば、これらに関してパートナーのハードルはクリアされているので、復縁したい!!だから自分を変える様に頑張ろう!!服がダサいと言われてたから服装を変える為にファッション誌を沢山読もう!!

と、仮に服装の変化の努力をして、復縁工作をし、パートナーがもう一度やり直してもいいかな?と考えた所で結局変わっている所は服装だけであれば関係をもう一度続けられる可能性はほぼ有りません。

努力するという事は大切ですが、努力する方向の大前提が狂っていれば努力は無駄になります。ファッションに詳しいという事は、一個人として魅力的な方に変わっていくのかもしれませんが、復縁に関してそれが当て嵌まるか?と言えばそれは間違いなく当て嵌まりません。

では、服装がダサいと言われた時、ファッション誌を見るのではなく、何をすればいいのか?こういった際のアドバイスをする事が復縁相談でもあります。復縁への努力の方向が間違っているかな?どんな努力をすればいいんだろう?とお考えの際は相談する事が必要になります。

復縁屋に相談して自分自身の考え方を変えた際、大切な事はパートナーにその変化を見てもらう事です。パートナーに依頼者の変化を見てもらうには、パートナーの考え方を変えなければなりません。

相談者がいくら関係を再構築したい!!と思い、それに対しての考え方等を変え、復縁への努力を惜しまずに行っていたとして、復縁する事は出来ません。お気づきかと思いますが、パートナーにその変化を見てもらえる様な状況を作らなければ、自身の努力は報われません。

では、パートナーに変化を見てもらう為には何をすればいいのか?それは復縁工作などによってパートナーに接触し、考え方を変えさせる有料のやり方と、友人などを頼り、パートナーの考え方を変えさせる無料のやり方があります。友人を頼れば無料になりますが、感情的になられる事で復縁の芽がなくなるといったケースもあり、、更に言えば依頼者の友人であればパートナーからしてみれば話しを聞く立場の人間ではないですから、聞く耳を持たないといったデメリットもあります。

有料である復縁工作ではパートナーに全く新しい出会いという形で工作員と接触させますのでパートナー側の人間として話しを聞かせるというメリットがあります。そして工作員は客観的な状況で話しをする事になりますから感情的になり、それが元で復縁への芽がなくなるといった事はありません。

工作員はパートナーに接触した後、考え方を変えさせるように仕向けます。簡単に言えば復縁したくないと思っている状態を復縁してもいいかな?に変えさせるような接触の仕方をします。洗脳などとは違い、考え方を変えさせるという行為は、例えば今日のお昼は〇〇という店でランチをしようと考えていた状態が、その店に行く途中に香ってくる違うお店の美味しそうな香りで、もともと行こうと思っていたお店に行かずに途中のお店に入らせてしまうと言った様な状況を作り出す事と同じです。

香りでなびかせる事が出来なければ、元々行こうとしていたお店を昼休みに入れないほど混む様に仕向け、物理的に入れない様にすれば元々考えていたお店に行かせる事は出来ません。こういった事を復縁に関して行う事で、心理的な部分からヨリを戻してもいいかな?と思わせるのが復縁工作になります。

心理的な部分を揺さぶるという復縁屋は書いてあるけれど、復縁したくないモノを復縁したいと考えるなんて本当に出来るの?という方も多いと思いますが、お昼のランチほど簡単ではないのですが、考え方を変えさせるという事は大抵の方が経験をしている事でもあり、自分自身でも実際にやった事がある事でもあるのです。

自分自身の考え方を変えて、パートナーの考え方も変える事によって依頼者が望む形に近づかせるという事が大切です。考え方を変える事の大切さをご理解頂ければと思います。

この記事を読まれている方は↓の記事も読まれています。

性格は変えられなくとも考え方は変えられる
パートナーの事を考えなければならない

アンケートにご協力下さい

この記事参考になった!
この記事つまらなかった!

復縁工作をする復縁屋をお探しの方はコチラをクリック

復縁成功復縁成功2復縁成功3別れさせ成功