復縁工作
復縁工作で実際に復縁成功された方の成功例を掲載させて頂きます。これから復縁工作をお考えの方と似たような状況があれば復縁成功できるかも!?

ストーカー一歩手前

復縁工作復縁したい気持ちを抑えられずにしつこく別れた相手の所まで行ってしまい、パートナーを怖がらせてしまった為に警察に注意されてしまいストーカー扱いになってしまいそうなAさんという依頼者がいました。

別れたくない気持ちをパートナーにアピールするもなかなかその気持ちを伝える事が出来ずに逆に恐怖感を与えてしまいました。これ以上続けてしまってはまずいと判断したAさんは復縁工作の依頼をする事を考え、私達に復縁の強い気持ちを伝えてくださりました。

これ以上ご自分1人で復縁しようと頑張ってみたらきっと失敗していたであろうAさんのとった行動は自分の気持ちを押さえて依頼をするといった行為でしたが、これが見事に功を奏し現在は復縁後、結婚までに至るようになりました。

復縁工作の内容はAさんのパートナーの方へ仕事帰りに偶然を装い接触し(普段から職場と家の往復だったので接触自体は難しいものではありませんでした。)復縁工作の工作員がストーカーに迫られている事と自分をそこまで想ってくれる人は他にいるのか?ということで悩んでいると言う少しAさんの状況を重ねながらAさんのパートナーに相談を持ちかける状態を続けさせました。

当然工作員は架空の恋愛話しをしていますがAさんのパートナーからは悩み相談にのって下さり「実は私も同じ様な悩みを持っている」と言う本音を引き出しました。人は同じ悩みを持つものに対して共感してしまう生き物なのでお互いに話しが弾み、Aさんのパートナーの本音に対して「もし悩んでいるならもう1度やり直してみるのもひとつの手段ではないか?」と言う提案をした所、パートナーは考えてみると言う返事をしてくれました。

その旨をAさんに伝えた所、Aさんは会いに行こうとしましたが、工作員のGOサインが出るまでは我慢して下さいの言葉にモヤモヤとした気持ちを抱えながらグッと我慢していました。

工作員がGOサイン

復縁工作工作員がGOサインを出す頃にはパートナーの気持ちは復縁してもいいかな?と思う時です。その言葉を待っている間のAさんの気持ちは計り知れないものがありますが、ここで我慢が出来るかどうかがキーポイントになります。

気持ちをグッとこらえて我慢をし、工作員のGOサインが出た時はAさんの想いが報われると言う時期がやってきました。別れを切り出した後、何度も押しかけてくるAさんに少し恐怖心を持ってしまい警察を呼んでしまったけれどそこまで想ってくれている事を冷静に考えたら何でその気持ちに気付かなかったのか?と言う考えにも至ったようです。

Aさんが何度も押しかけていたのに、突然来なくなり、実は押しかけてきてくれていた事は嬉しかったのではないか?と自分自身で気付いたとの事でした。時には我慢をする事が大切だと言う事に気付いたあたりは工作員が接触しAさんのパートナーの本当の気持ちに気付かせた事から来るものだと思います。

お互いに今度は大切な人を見失わないように気をつけようと話し合い復縁されたケースです。この二人が復縁出来たキッカケは復縁工作を入れて工作員がパートナーと同じ悩みを持って復縁工作を入れた事がとても大切だったのではないか?と思いますし実際に依頼者の方からもその様なお答えとありがとうの感謝の言葉を頂きましたので無事に復縁工作が成功したケースです。