復縁工作で本当に復縁できますか?というお問い合わせが増えて来ました。

復縁工作で復縁させた実績がキチンとある復縁屋にしてみれば、過去の事例等を基に復縁工作で如何に復縁させた事があるかどうかを説明させて頂く事が出来ますが、復縁工作で復縁させた経験の無い復縁屋は復縁工作の成功例を説明する事が出来ません。

復縁工作で成功させた経験の無い復縁屋は、他社のホームページにある様な成功事例を元に復縁工作で復縁成功した例を説明します。

依頼者にしてみれば、他社のホームページに書いてある様な成功例を説明されているかの判断が出来ず、復縁屋はどの復縁屋であっても復縁成功させた事があると認識して話しを聞く為、復縁工作で成功させた実績のある復縁屋かどうかの判断をしづらいと思います。

復縁工作の依頼をするなら、復縁工作が成功した実績のある復縁屋に依頼したいと考えると思いますが、悪質な復縁屋であっても復縁工作が成功した経験がない!という復縁屋はありません。

復縁屋から説明を受ける時に、工作が成功した実績がある復縁屋なら説明出来る事が悪質な復縁屋になると説明出来ないのですが、依頼者の方々が判断するのは難しい場合がほとんどです。

復縁工作を成功させる復縁屋は工作内容の説明以外の説明がありません。

復縁工作を成功させる復縁屋は、復縁に関する説明や工作に関する説明以外の全く関係のない要素を説明する事がありません。

悪質な復縁屋は復縁や工作以外の説明をし、復縁工作の技術がない事を隠します。

  • 資本金が〇〇円
  • 株式会社等の法人登記
  • ホームページの出来栄え
  • テレビ等を含むメディア露出の多さ
  • 他社批判
  • スーツでの面談の必要性

復縁工作の説明や復縁に関する説明を依頼者が求めている状態で、復縁工作の説明ではなく、復縁とも全く関係のない説明を繰り返す復縁屋もあります。

必要ない部分を説明する復縁屋は過去に復縁工作の成功例がない為、依頼者にとって必要のない情報を話す事で実績の無さを煙に巻く方向で説明して来ます。

復縁したいから復縁工作に頼るけど成功した実績のない復縁屋もあります。

復縁したいなら復縁工作に頼るけど、あなたが依頼した復縁屋に依頼した過去の依頼者達が復縁出来た実績が全くない復縁屋だったらどう思いますか?

復縁屋なら過去に一度も復縁成功した実績がないなんておかしいだろ!!と思うかもしれませんが、実際に一度も復縁させた実績のない復縁屋も存在するのです。

復縁屋なのに復縁させた実績がないなんて、おかしいでしょ…と思うかもしれませんが、本当に復縁させた実績のない復縁屋は存在します。

弊社スタッフには以前他社で勤めていた人材がいますが、他社に入社してから一度も復縁させたのを見た事がないという人物が、弊社では調査、工作業務の無さから事務員として採用されましたが、今も以前に在籍していた復縁屋の人物と連絡を取り合っていますが、退社してからも復縁工作が成功した例は一度もないという事を耳にしたというお話です。

復縁工作は探偵だから成功率を上げる事が出来ます。

復縁と探偵は結びつかないかもしれません。

探偵と言えば浮気や不倫、失踪者の人探し等、復縁と関係のない部分を調査するイメージがあると思います。

探偵は調査を行う事で人間観察能力が磨かれ、復縁できる可能性を見つけ出す推理能力も長けています。

何でも屋の復縁工作は探偵の復縁工作とは異なり、単発で対象者との再会を促すだけの復縁工作を行うのみになり、復縁工作というよりも再会工作の方が近い形になります。

探偵が対象者を調査し、調査して得た情報を元に復縁屋独自の方法を用いるので成功率を上げるのですが、復縁工作の成功実績のない復縁屋に依頼しても復縁工作方法は失敗に終わります。

復縁工作のご依頼中のカウンセリングも成功実績の判断が出来る

復縁屋はご依頼後に依頼者とのカウンセリングを含めて工作結果の報告、調査報告も含めて頻繁にご連絡させて頂き、依頼者の精神的な安定を求めます。

カウンセリングの技術も求められ、報告時には今後の方針も含めて依頼者と打ち合わせする時間を設けなければなりません。

依頼者とのやり取りが出来なければ、復縁工作だけで復縁に結びつけるのは難しく、依頼者との協力姿勢があるからこそ復縁に向けて数々の問題が発生した際に対処していく事が出来ます。

依頼者とのカウンセリングの必要性は復縁屋でしたら成功率を上げる為に欠かせないものであり、カウンセリングの良し悪しでも工作の成功率を変動させる為、過去の成功実績がどの程度あるのかを判断する基準でもあります。

必ず解決策がある復縁工作でも、解決方法が迷走すれば失敗します。

復縁工作の依頼を受けるという事は、解決方法を依頼者に提案出来るという事になります。

解決方法を依頼者に提案出来るという事は、復縁の芽が復縁屋には見えているという事でもあります。

依頼者は当事者なので復縁の芽を見つけづらく、客観的な視点から判断するからこそ復縁の芽を見出せます。

可能性が低い依頼者も可能性が高い依頼者も、当事者には復縁の芽がどこにあるのか?

復縁の芽を伸ばす方法はどんな方法があるのか?を知る事が出来ません。

可能性を自ら潰してしまうのも復縁を望む方達であり、必ず解決策のある復縁工作の依頼をせず、自分でどうにかしようと考えて、復縁の芽を完全に潰してしまう方も少なくありません。

プロだから判断出来る基準と当事者が判断する基準は異なります。

プロだから提案出来る解決方法を提案させて頂く時は、プロは独自の目線で復縁までの工程で何をすれば良いのかを段階毎に分けて見えています。

スタート地点からゴール地点までの道程が見えているからこそゴールへの案内人として復縁屋をご利用頂きますが、ゴールまでの案内人も迷走してしまえば復縁は出来ません。

解決方法が迷走すれば、いくら専門家とはいえ復縁は出来ません。

正しい道を進む為にも過去の実績がない復縁屋では復縁工作が成功に繋がる事はありません。