復縁の努力の伝え方復縁工作の依頼者達に良く聞かれる事ですが依頼者の方達に努力を復縁屋は促すけれど、その努力はどうやって伝えてくれるのですか?という事を聞かれます。

結論から言いますと工作員が依頼者の努力を事前に伝える事は出来ません。依頼者と工作員が繋がっていれば対象者は不審に思い、工作員の話しを聞かせる事は出来ません。復縁しても良いかな?と思わせる為にはあくまでも工作員は対象者の味方である形を取らなければならず、不自然に依頼者と工作員が知り合いだったという形を取ってしまえば工作が出来る訳もありません。

では依頼者の努力をどうやって伝えればいいの?と疑問を持たれる方には下記を参照して頂ければと思います。

本人が伝える事は可能

復縁工作も終盤にかかると依頼者の努力を伝えなければなりません。伝える為には連絡を取ったり、会わなければ伝わる事はないので、最終的には依頼者と対象者は直接連絡を取らなければなりません。

直接連絡を取れば以前の状態と努力をした後の状態では明らかな差が出てきます。その差を依頼者は対象者にアピールしなければなりませんから明確に変わっている状況を作らなければなりません。

しかし、本人がいくら言葉で自分は変わったと伝えてもその言葉を真に受けてくれるパートナーはあまりいません。自分の口から自分は変わったという人程、変わっていない事が多いという事は様々な経験をしてきている方であれば分かっている事だと思います。

分かっている事はしない。これは鉄則ですから自分の口で努力をした事を伝えるのではなく、態度や行動で変わった事を伝えられるようにしなければなりません。態度や行動は本当に努力をして変われた人であればすぐに伝える事が出来ます。

第三者が伝えるよりも目に見えて変わっている事はどんな言葉よりも有効だという事をご理解頂ければと思います。

復縁工作の最中に伝える事は可能

ヨリを戻す事を考えていないパートナーにヨリを戻してもいいかな?と思わせる様に心理的誘導を行いますのでヨリを戻しても良いかな?と思わせた状態で対象者と依頼者、工作員が集る事があります。

もちろん不自然な形で集合するのではなく、たまたま居合わせた所に偶然を装って再会を果たします。(偶然を装って再会するまではの形作りは過去のブログをご参考下さい。)その場であれば依頼者が努力した経過等を伝える事は出来ませんが、工作員は対象者が話すほど悪くないんじゃないか?という形で援護射撃をする事が出来ます。

援護する事で努力を重ねた依頼者の悪い部分が修正される事や魅力溢れる部分を伸ばしているので依頼者の努力の過程は伝えなくても努力をして自分磨きが上手くいっているという事を伝える事は出来ます。

一度そういう状況で会ってしまえば、依頼者の努力をパートナーに伝える事も出来ますし、再度同じような状況会う場を作った際は努力をしているのではないか?という事も伝える事も出来ます。

復縁の基本は自分磨きなので自分を誤った方向に磨かず、こういった場の提供等をする事が出来れば復縁までの道は見えて来るというものです。後はどれだけ工作員が依頼者の事を援護出来るか?という事が鍵になります。

復縁工作で依頼者の努力はどうやって伝える?のまとめ

復縁工作の依頼を受けたからといって最初から依頼者は努力しています!!だから復縁してあげて下さい!!!という事は完全に逆効果であり、やっても無駄な事です。

復縁を一人で悩まれる方の多くは自分自身で変える事が出来たと思い込んでもそれをアピールする場がありません。

そういった場をアピールする為にも工作員は対象者であるパートナーと人間関係の構築をし、少しでも依頼者に有利になる様に淡々と事を進めていきます。

工作員がいくら頑張っても復縁出来るかどうかの保証が出来ない理由の一つに依頼者が手を抜けば復縁したいとパートナーも全く思わないという事です。

問題があって復縁したいと考えなければならなくなった状態であれば問題は解決しなければなりません。問題を解決する為に依頼者は努力をし、その努力をどの様にアピールするか?連絡が取れるのであれば連絡を取り、自分が変わったという事を言葉ではなく態度で示さなければなりません。

連絡が取れないから悩んでいるのであれば連絡を取れるまでの形を作らなければなりません。連絡を取れるまでの形を作る事が出来ないのであれば、連絡を取れるか、偶然を装って直接会う機会を作らなければなりません。

こういった事はどうしても一人で行ってしまえばストーカー扱いされてしまう恐れもありますし、そうなってしまっては復縁の為に努力しているという事を伝える事は不可能です。

不可能を可能にする事は誰にも出来ません。不可能な事は不可能であり、可能でないから不可能なのです。

最終的に自分は努力していると言葉でどうにかしようと思っている方に復縁は出来ません。言葉には日頃の行い等がのります。日頃どう思っているかで出てくる言葉も変わりますから自分が努力している。自分は変わったと思うのであれば自分で伝えるのではなく、自分の状況を伝わる様にしなければなりません。

ちょっとした言葉の違いですが、この差が大きいという事に気付かなければなりません。

この記事を読まれている方は↓の記事も読まれています。

高校生の依頼は受けられません
復縁の後に

アンケートにご協力下さい

この記事参考になった!
この記事つまらなかった!

復縁の悩みを抱えている方は下記の相談フォームに相談内容を書いて頂ければ相談員からご連絡させて頂きます。

携帯電話の方は携帯会社の設定によりメールが届かない事がありますので下記アドレスのドメイン解除をして下さい。

復縁アドレス

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

相談内容