復縁屋の担当者復縁屋に依頼をした途端に連絡が取れなくなる様な復縁屋もある様です。復縁屋は調査結果を報告するだけでなく依頼者に復縁の為の自分磨きをして頂かなければ復縁に至る事はないので依頼を受けた途端に連絡がつかなくなるという様な事はないはずなのですが、会社に電話をすれば「いない」といつも言われ、担当者にメールやLINEなどを送っても返事が返ってくるのが早ければ3日後からといった業者も少なくないようです。

依頼者の方々から聞いた他の復縁屋の話しを少しまとめましたので復縁屋選びの参考、又は今現在依頼している復縁屋の進行がほとんどないという方の参考にして頂ければと思います。

復縁屋に電話したら担当者はいつも不在

依頼をするまでは頻繁に連絡が取れていた担当者が依頼した途端に連絡がつかなくなり、会社に電話してもいつもいないと言われてしまうんです…と相談に来られる方はよくいらっしゃいます。

しかし調査中などは確かに電話等が出来ない場合もありますが3日も連絡が出来ない状況に陥る事はありません。どんなに長い時間連絡がとれないと言っても24時間以内には連絡が出来ないのであれば会社からの連絡すらもとる事が出来ません。

依頼者からの依頼に真摯に向き合っている復縁屋であれば、依頼者が復縁に向けてどれだけ不安かを分かっているのですから依頼者の不安をなくす為に依頼を受けたはずの復縁屋が更に依頼者を不安にさせる様な事があってはならないと思います。

こういった事がない様に弊社では依頼を受けた後は担当者と個人間での連絡を取る形となっています。復縁工作の依頼をしたけど依頼してから担当者と連絡がつかなくなり、復縁に向けて動いているのかどうか不安だと思われる方はお気軽にご相談下さい。

担当者との連絡手段

復縁屋は探偵業ですから調査や工作等を行っている最中は本当に連絡がとれないという事も実際にはあります。携帯電話が普及した為に連絡がとれない人というのは意図的に連絡がとれない状況を作っている以外は日本中のほとんどで連絡がとれると思います。

その中でも最近ではLINEというアプリが使える様になり、電話に出れない状態でもLINEという形でなら連絡が付けられる形になっています。

こういったツールがあれば依頼者との連絡が全くつかないという様な事はありません。その上で連絡がつかないのであれば復縁屋側が依頼者との連絡を故意に避けていると言わざるを得ません。連絡を避けているのであれば担当者に電話をしても当然出ませんし、会社に担当者宛に電話をしても連絡がつくはずがありません。

復縁は工作員が接触し、分かった事等があればすぐに依頼者に報告し、状況説明や依頼者自身の変化をしてもらう為にも連絡がつかないのであればそれを伝える事も出来ません。

その為、依頼者と担当者が連絡がつかなくなる様な状況であれば復縁自体が出来る事ではないという事を知らなければなりません。復縁屋と連絡がつかなければ復縁に繋がる事もありません。こういった復縁屋にはくれぐれも気を付けなければなりません。

報告で料金が発生する復縁屋

調査の依頼を受ければ調査する事は当たり前の事です。その調査の報告を依頼者にする事でサービスという目に見えないものを提供する事が出来ます。サービスを提供する事は結果が付いて来ればいいというものではありません。結果に至るまでのプロセスをキチンと依頼者に提供する事で依頼者も復縁屋を信じ、依頼者が信じる事が出来るから適切なアドバイスも聞き入れる事が出来ます。

依頼者の方に復縁屋が行うアドバイスを聞き入れてもらえないのは復縁屋の責任でもあり、何をしているかも分からない様な業者であれば依頼者は復縁屋の聞く耳を持ちません。

質の悪い復縁屋であれば全てを依頼者のせいにし、自分達は何も悪くないというスタンスを変えないようですが、依頼者の方達の信用を得る事が出来なければ復縁屋は復縁までのプロセスを実行できる事がないのですから依頼者とキチンと意思疎通が出来ているかどうか?というのはとても重要になります。

そしてその意思疎通が上手く出来ない担当者は依頼者の気持ちすら変える事が出来ないのに復縁工作をして復縁に持っていくような高度な心理的誘導が出来るはずもなく、適切なアドバイスをする事が出来、尚且つキチンとそのアドバイスを依頼者に聞かせる事が出来ない様な担当者であれば復縁させる為にパートナーに接触した所で何も変わりません。

そういった復縁屋との相談の際は料金が発生してしまう業者も有る様です。復縁屋は復縁工作の依頼を取り、お金を取る事が目的ではなく、依頼者の状況を聞きとり、復縁出来る可能性がある場合に限り、ヨリを戻すお手伝いをさせて頂く事が重要なので、話しを聞き出す事にお金が発生してしまうのであれば話しを聞き出す事も出来ませんから復縁相談の状況で料金が発生してしまう様であれば依頼者は伝えたい事を伝える事も出来ませんし復縁屋としても機能する事もありません。

相談を受け解決に向けた形をとる為に電話料金すらも復縁屋が負担するのは当然の事だと言えます。フリーダイアルすらない復縁屋であればそもそも依頼者の話しをキチンと聞く姿勢があるのかどうか疑わしいものがあります。

情報を全て復縁屋に提供する

情報がなければ復縁屋は何も動けません。情報があるからこそ復縁の芽があるかどうかの判断も出来ますし、依頼者の方が面談の際に忘れていた情報等も後から出てくる事があるのでそういった情報を全て復縁屋に提供して頂かなければ復縁へ向けた工作等を含む業務が行えなくなります。

そういった情報を依頼者と担当の個人間でやり取りをしていたとしても会社に担当者は報告しなければなりません。依頼者との会話の内容やLINE等の連絡ツールの履歴等、個人情報が沢山詰まったものを復縁屋は保管しています。

沢山の情報を厳重に保管するにも関わらずセキュリティをあまり気にしない様な復縁屋であれば依頼者の事を何も考えていない事となんら変わりはありません。

依頼者の味方をするのが復縁屋ですが復縁屋が依頼者の事を何も考えないのであれば復縁屋としての根本からズレて来てしまいます。依頼者が復縁を望むからそれをサポートするのが復縁屋の業務なので依頼者からキチンと情報を提供して頂けるような体制をとれていない復縁屋であれば依頼者と復縁屋は味方の関係ではなくなります。

依頼者と復縁屋が味方の関係でないのであれば復縁工作がどれだけ上手く出来ようと、ほぼ神様に近い形で他人の気持ちを変える事が出来る工作員であろうと復縁までに至る事は当然ありません。

復縁屋と頻繁にやり取りが出来ない?のまとめ

この記事でも何度か書かせて頂きましたが復縁屋は依頼者の味方である以上連絡がとれないという事はあってはならない事です。依頼者は復縁したいという気持ちを持ち様々な不安と闘っています。

その不安の声を聞き、不安を取り除く事が出来なければいつまで経ってもネガティブな思考を依頼者は抜け出す事が出来ず、ネガティブな思考のまま復縁に向かって行ったとしても復縁に繋がる事はありません。

復縁屋は自己満足でやっている事ではありません。依頼者の気持ちに応える為に他人の為に行動を起こすのが復縁屋です。その為に担当者を含め、調査員や工作員との連携をキチンととる為には依頼者と復縁屋の窓口である担当者が連絡を取れなければ工作が成功するはずもありません。

今依頼している復縁屋と連絡がなかなかつかない…工作が上手くいっているかどうかも分からない…等の様々な悩みを持たれている方は復縁屋を見直した方が良いかもしれません。

少なくとも復縁屋に依頼したのであれば何かしらの調査を行っているかと思いますので、途中経過までの状況等を詳しくお聞かせして頂く事で調査等を省く事が出来、通常よりも安い料金で引き継いだ形で依頼を受ける事が出来ます。

一から工作の依頼を行うよりも他社からの乗り換えという形であればそれまでの情報を元に復縁がスムーズに行えるケースもありますのでお気軽にご相談下さい。

この記事を読まれている方は↓の記事も読まれています。

大切な人ってどんな人ですか?
復縁の仕方を考えてみよう

アンケートにご協力下さい

この記事参考になった!
この記事つまらなかった!

復縁の悩みを抱えている方は下記の相談フォームに相談内容を書いて頂ければ相談員からご連絡させて頂きます。

携帯電話の方は携帯会社の設定によりメールが届かない事がありますので下記アドレスのドメイン解除をして下さい。

復縁アドレス

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

相談内容