復縁工作復縁屋を知らない人の為に復縁屋について少し書いてみたいと思います。

そもそも復縁屋って?

復縁屋というのは簡単に言えば復縁出来る様にサポートさせて頂くサービスを行っている探偵業者です。

世の中に沢山ある復縁ツール(復縁占い、復縁マニュアル、復縁メール等)の中でも対象者であるパートナーに接触し、復縁に向けた心理的誘導を行うというものは復縁屋が行う復縁工作しかありません。

他の復縁ツールの様に自分自身が変わらなければ復縁に繋がる可能性はとても低く、自分自身を変えて頂く為の努力と並行して、工作員をパートナーに接触させる事でパートナーの気持ちを「別れたのだから復縁なんて考えられない」という状況から「復縁してもいいかな?」と思わせる様に働きかける工作が復縁工作になります。

パートナーに接触させる復縁工作を執り行う業者を復縁屋と言い、依頼者の復縁をサポートさせて頂く為に尽力します。

復縁屋はどんな接触をするの?

復縁屋は対象者であるパートナーに接触し、今の状況や復縁についてを聞きだし、復縁してもいいかな?と思わせるような工作を行いますが、接触する際に「不自然な形での接触」をしてしまえばパートナーは警戒心を出してしまい、心理的誘導を行う以前に工作員の話しを聞かせる事もパートナーの状況を聞き出す事も出来ません。

接触の段階から状況を作り込み、依頼者からの情報を元に工作員のプロフィールを作り込む事で、「不自然でない形での接触」をする事を目的とし、パートナーへの接触を試みます。

人と人が出会う機会や場所は人それぞれに異なります。居酒屋であったり、道端であったり、学校、お店と接触のポイントは無数にあります。

しかし、接触のポイントというものは相手によって変化をさせなければなりません。

例えば、ナンパされる事に慣れていない女性に対して、道端でどんなにタイプの男性が声をかけた所で、ナンパそのものに抵抗があるので声をかけた所で不発に終わる事がります。

そして、ナンパして声をかけた男性の誘いに仮に乗ってきたとしても、男女という関係上、復縁の話しをススメテしまえばそこには矛盾が生じる事もありますし、不自然な形の内容になりますから、その後の工作の事まで考えれば、こういった接触の仕方はあまり得策とは言えません。

接触の仕方には偶然を装い、たまたま出会った二人という形を印象付けなければなりません。偶然の出会いなくして復縁工作はなしえない。というのが正しい工作になりますが、状況によって接触の仕方も変わりますので具体的な接触の仕方は控えさせて頂きます。

復縁屋はどんな工作をするの?

心理的誘導をする事によって「復縁したくない」という状態から「復縁しても良いかな?」という状態に持っていく事は書きましたが、そんなに簡単に復縁しても良いかな?なんて思わせる事が出来るの?という疑問があると思います。

結論から言えば、簡単ではありません。し、1日2日で出来るモノでもありません。

心理的誘導を行う為には、パートナーに工作員の話しを聞く耳を持たせなければなりませんし、工作員の話しを聞かせるという事は人間関係を築かなければなりません。

初めて会った人の意見をその日の内から全て言うとおりに聞く人間はいないので、話しを聞かせる為に人間関係を築く事は復縁にとって必要不可欠になります。

その為、パートナーの素性を調べ上げ、依頼者からの情報を元に、パートナーの趣味や嗜好に合わせたプロフィール設定をし、例えばアニメが好きな人間であればアニメの話に合わせる様にし、そこから人間関係を構築していく形になります。

人間関係の構築をしている最中も情報収集は怠りません。情報を集める事でよりパートナーとの人間関係が構築出来るので、パートナーとの距離を縮める為の情報収集は怠りません。

そうして人間関係を構築する事が出来たなら、趣味に合わせた話の中から過去に付き合った方達の話しを聞き出す事で復縁の話しのキッカケを探します。復縁のキッカケを掴んだ後は依頼者の何が悪く、どんな部分が気に入らなかったのか?等の情報も集め、そういった情報を元に依頼者には変化するように努力して頂きます。

依頼者の努力と並行して工作員は依頼者の良い所も聞きだし、依頼者の良い部分を褒める事で勿体ないという感情をパートナーに植え付けます。

人は逃した魚は大きかったと、他者から褒められると誤解しがちな生き物なので、そういった心理的要素も踏まえた状態でパートナーとの会話を繰り広げます。

復縁なんて考えられない」という状態から「復縁しても良いかな?」とすぐに気持ちや考え方が変わる人は少ないので、まずは「会いたくない」という状態から「別れたけど一回位会ってもいいかな?」と思わせられる様な状況作りをする事で、その後の「復縁しても良いかな?」という状況に繋げていきます。

パートナーに工作員が、「絶対復縁した方が良いよ!!」等の会った事もない人を無理にススメるやり方は不自然になり、パートナーは逆に警戒心を強く持ってしまう為、無理矢理な復縁への持っていき方という形はとりません。

復縁なんて考えられない→ちょっと勿体ない事したかな?→1度会って話くらいは聞いても良いかな?→復縁しても良いかな?と言う様に順序を少しづつ越えていく事で最終的に復縁に向かわせるというのが復縁工作です。

工作員は超能力者でもなければ催眠術師でもないので、今日工作員が接触して、明日には復縁したい!!と思うという様な明らかに不自然な形になる事はありません。

復縁屋に頼めば復縁出来るって事?

復縁屋に頼めば絶対に復縁出来るんでしょ?とおっしゃられる方がいます。高いお金を払って復縁出来なければ意味がないんです!!!

それは仰る通りだと思いますが、残念ながら復縁屋に依頼したから100%復縁出来るという事はありません。

復縁屋はあくまでも復縁をサポートさせて頂くものですから、いくら工作員が接触し、復縁しても良いかな?という所まで持っていったとしても、依頼者本人の努力が何もなければ復縁に至る事はありません。

工作員が工作に成功し、パートナーに復縁しても良いかな?と思わせる事が出来た時、パートナーと依頼者が会った際に別れた時と何も変わらず、むしろ魅力の欠片もなくなっていた時、パートナーは依頼者を見てどう思うでしょう?

何で復縁しても良いかな?なんて思ったんだろう…」という事だけです。

依頼者の中には復縁工作にお金を払う事が自分の中の努力だと誤解される方がいらっしゃいますが、復縁してもいいかな?と思わせた後は依頼者がパートナーにとって魅力のある女性に変わっていなければ復縁なんて夢の又夢です。

お金を出せば復縁出来るのであれば誰でもお金を出すでしょう。大切な人をたかがお金で買えるのですから。しかし、パートナーをお金で買うという考え方は捨てなければいけません。

最終的にパートナーが依頼者の元に戻る為にはお金を1億円積もうが、1兆円積もうが戻って来るものではありません。依頼者自身が変わらなければ幾らお金を払った所でそのお金は無駄になるのです。

お金を払ったんだから100%復縁出来る保証がないなんておかしいと思う方はパートナーの事をもっと真剣に考えて下さい。お金で戻ってくるようなパートナーであれば、復縁屋にお金を払うのではなく、「パートナーに復縁工作の料金分のお金を渡して戻ってくるように懇願すればいいのです。

100%の保証がなければ復縁工作の依頼は出来ないと言われる方は自分自身の努力を怠る傾向が非常に強く、そういった方の多くは「パートナーをお金で買おうとする浅はかな考えを持っている方」という印象が強く残ります。

断言できますが、100%復縁を成功させられる復縁屋はこの世にはありませんが、復縁の問題を一人で解決しようとするよりも確実に成功率がアップさせる事が出来るのも復縁屋です。

何度も書きますが、復縁屋は100%保証をする事は出来ません。なので、最愛のパートナーをお金で「飼う」事を考えていらっしゃるのであれば復縁屋には依頼せず、そのお金を直接パートナーに私復縁を迫れば一瞬は復縁出来る可能性もあるのではないか?と思います。

まとめ

復縁屋は復縁にまつわるアドバイス等もさせて頂きます。復縁したいという人を本気で応援するからこそ、時には厳し言葉をかける事もあります。優しい言葉をかける事で復縁出来るのであれば誰でも優しい言葉を投げかけるでしょう。

わざわざ人から嫌われる様な事を言いたい人はいません。

依頼者に厳しい言葉をぶつけ、依頼者とぶつかり合いながらも常に依頼者の味方をするのが復縁屋の仕事です。変わって頂かなければならない時は変わって頂くように厳しい言葉を投げかけます。理解が出来ないのであれば理解が出来るまで対応させて頂きます。

依頼者の変化をサポートさせて頂き、パートナーとの距離を縮める為に全力を尽くさなければ復縁屋とは言えません。依頼者とパートナーとの関係を再構築する為に全力を尽くす為に依頼者から嫌われても尚厳しい言葉を投げかけます。

その為に、本気で復縁したいと考える方の依頼しか受け付ける事は出来ないですし、しません。100%の保証は出来ません。しかし復縁を本気で考えている方をサポートさせて頂く経験と知識は兼ね備えています。

この記事を読まれている方は↓の記事も読まれています。

復縁させたい人が集う場所
復縁したいと思う人のタイプ(男性編)

アンケートにご協力下さい

この記事参考になった!
この記事つまらなかった!

復縁工作をする復縁屋をお探しの方はコチラをクリック

復縁成功復縁成功2復縁成功3別れさせ成功