復縁工作復縁するまで何をすべきか分からない…という方の為に復縁までにやるべき事を書いておきますのでご参考下さい。復縁を考える時、あなたはまず何をしますか?別れた店員を考える。今もまだ付き合っているけれど、何時別れを切り出されるか分からない…という状態の方が復縁を目指して頑張って頂き、復縁出来れば幸いです。

間違った復縁の為のステップを踏む方も多いのですが、自分は間違っているな…と思うようであれば修正して頂き、是非復縁に向けて頑張って頂ければと思います。ちなみに間違った復縁のステップはこうなっています。別れてしまったけどやり直したいから「復縁マニュアルを買った」→「とりあえずマニュアルを読む」→「復縁出来る気になる。復縁工作に依頼する」→「工作を待ってみる」→「何も起こらない」→「復縁を諦める」この場合、復縁したい人が行った部分に関して努力というものはありません。強いて言うならば「お金を出した」という事だけになりますが、お金を出した事は努力でもなんでもありません。お金を貯めていたのは復縁したいと思う前の問題ですから、お金を出した事すらも復縁に関しての努力は一切されていないという事になります。マニュアルを読まれたところで、個人に当て嵌まるものはありませんし、復縁する事は出来ません。復縁工作に関しても、依頼者が何もせず、工作員に投げっぱなしの状態では復縁に至るという事はありません。

これらの事を頭に入れつつ、復縁のステップを踏んでいきましょう。

復縁へのステップ1

復縁マニュアルを読んで復縁出来るという事はほとんどありません。多くの人に当て嵌まる事が個人にはあてはまらないという

事を知っておかなければなりません。皆、マニュアルを読んで復縁出来たってインターネットには書いてあるし、マニュアル通りにやれば復縁出来るでしょ!!という考えは捨てて下さい。多くの人に当て嵌まる事が貴方に当て嵌まるとは限らないからです。

友人や知人のアドバイスも同じです。友人や知人のアドバイスは友人や知人の経験を元にアドバイスされています。自分の時は〇〇だった…という事が貴方に当て嵌まる事はありません。

ではどうすればいいのか?答えは簡単です。多くの人にあてはまる復縁マニュアルや友人、知人等の他の人の経験が貴方個人に当て嵌まらないのであれば、貴方だけの復縁マニュアルや貴方だけの復縁アドバイスがあればいいのです。

だからと言って、本当にマニュアルを作るのではなく、マニュアルは統計学で出来ていますから、自分だけの統計をとる事から始めればいいのです。自分だけの統計って言われても難しいな…と思われるかもしれませんが、今までにパートナーと付き合っていた状況等を分析し、パートナーが何を嫌がっていたか、どんな形で関係を修復したか?等を自分なりに過去を思いだし分析する事が「ステップ1」です。まずは自分なりにパートナーとの関係を分析してみて下さい。

復縁へのステップ2

パートナーとの事を分析してみたら次は自分だけのオリジナル復縁マニュアル作り。復縁マニュアルを作るというと大袈裟に聞こえるかもしれませんが、何が大切か?という事を自分自身で認識する為のマニュアル作りです。目標を復縁に設定した際、その目標に沿って一つづつハードルをクリアしていく為のモノなので、マニュアルというよりも遠足等で使う目的に沿った行動を行う「おり作り」と言った方が分かりやすいかもしれません。

復縁という目的に沿って何をしていくか?細かい分析が出来れば、「しおり」はそれだけの情報量を持ちます。その情報に基づいた行動を行う事は、「あなたのパートナーの事を知らない人が作った復縁マニュアル」よりも効果的です。

取扱い説明書というものは、その分野の専門知識を持っている人が使い方記載する為に書かれたものです。復縁工作を行う復縁屋であっても、復縁に関してはスペシャリストではあっても、相談者のパートナーに対してはスペシャリストではありません。

復縁屋は工作をする前にパートナーの事を復縁調査で調べ、依頼者と同等位のパートナーに対しての専門家になります。だからこそ工作などで復縁に持っていく事が出来ますが、何も分からない人同士の復縁は復縁屋でも出来ません。分からない事を分かる様になるからこそ、心理的誘導等も出来る様になるのです。

復縁へのステップ3

分析をし、オリジナルのマニュアルを作った後は「行動」です。復縁工作を行う復縁屋も依頼を受けた後は調査をし、相手の状況等を把握してからプランを立て、接触などの行動を起こします。

行き当たりばったりの行動では何をするにしても空振りしてしまう恐れがあり、工作だけに限らず、一人で復縁を考える方にとっても思い付きなどの行動はおススメしません。しおりを作り、それに沿った行動を行う事で、一つ一つのハードルをクリアしていくわけですから、行動しなければ何も起こる事はありません。

行動を起こすという事は、しおりに沿って努力する事を「ほぼ永久的に」続けるという事です。関係を取り戻したからと言って、その努力をやめてしまえば、また別れという問題を抱えます。同じ過ちを犯さない為にも続ける努力というものが必要になってきますが、その続けるという事が出来ない人が多くいて、その為に復縁を挫折するというケースが多いのも事実です。

行動を起こす際にはパートナーと「復縁したい」と強く思う気持ちが大切です。

復縁へのステップ4

マニュアルを作る為に分析をし、自分だけの「復縁しおり」が出来たら行動に移すだけです。しかし、行動に移すだけでは、パートナーに行動を移した事を気付いてもらえません。行動に移した後は何をすれば良いのか?

それは努力によって変わって来た事を判定してくれる人を探し出し、パートナーに嫌がられた部分が修正された後は、パートナーと会う算段をします。

パートナーと会う算段が出来ない人は友人達を介し、偶然を装い町で偶然会った等の形を作り出します。パートナーと直接会えるのであれば会って状況の変化を言葉で伝えるのではなく、見てもらい伝える様にします。

復縁工作であれば、偶然を装い会う前に、依頼者とパートナーとの間にある壁を取り払ってから会う算段をつけますが、一般の方に工作員がやる様な事をやってもらうとパートナーに警戒され、偶然を装い会った後に復縁への壁をとれないという事もあります。

第三者が入る事によって余計な警戒心を持たれてしまう事に気を付けて下さい。

復縁ステップのまとめ

復縁に向けてやる事は沢山あります。こうして文字にしてしまうと工程は4つほどでしかありませんが、努力の部分や分析等、やらなければならない事は復縁を考える人が思う以上にあるのです。

努力という言葉で書けばたった2文字しかありませんが、努力には沢山の言葉が詰まっています。そうした努力の日々を送る事は結果という先が見えない状況の依頼者達や復縁したいと願う人達からすれば大変な作業になります。

それだけの労力をかけても復縁が成就するかどうかも分かりません。100%確実に出来ると言えないのが復縁です。

例えば、「100%願いが叶う神様がいます。」神様の元に行き、復縁したいと願えばヨリを戻せることが出来る。しかし、その道はとても険しく、途中で命を落としてしまうかもしれない。

神様の所へ行く為には飛行機や船を乗り継ぎ、命を落とす覚悟で行かなければならないという状態+多額のお金がかかります。飛行機や船に乗る事は努力ではありません。険しい道を自分の力で突き進み、命の危険を顧みず、願いを叶える為に努力をするから願いが叶います。

そして、仮にその途中で願いが叶う事なく、困難なハードルをクリア出来なかったとしても、自分自身の糧になります。仮にパートナーと関係を再構築する事が出来なかったとしても、その険しい道を歩んだという自信を持つ事が出来ます。その自信は他人に対して大きな魅力となり、神様に願いを叶えてもらえる事は出来なくても、パートナーが見たら、魅力溢れる人間となっていて、数か月後、数年後にもう一度振り向いてくれるかもしれません。

どれだけ真剣に復縁したいと頑張れるかどうか?がパートナーを取り戻すカギになる事を忘れない様にして下さい。

この記事を読まれている方は↓の記事も読まれています。

特殊工作業務(復縁工作・別れさせ工作)
決意の足りない相相談者

アンケートにご協力下さい

この記事参考になった!
この記事つまらなかった!

復縁工作をする復縁屋をお探しの方はコチラをクリック

復縁成功復縁成功2復縁成功3別れさせ成功