復縁工作最近はメールやラインなどの電子的な連絡手段を用いる事が多いのですが、自分の書く文字によって気持ちを伝えるツールに手紙というものがあります。関係を再構築したいという気持ちを伝えるのに大切なツールですがラインやメールと違い時間を有効に使う事と気持ちを込めた文章を書く事で電子的なツールよりも優れた効果を出す事が出来ます。

復縁について、こういったツールを有効に使う為には出版されている様な手紙の書き方という本を読むよりも大切な部分がありますので、その事について書きたいと思います。これから復縁したいと考えている方で手紙の書き方を悩まれている方のご参考にして頂ければと思います。

復縁手紙の誤字脱字

電子ツールに慣れてしまって漢字が書けなくなっている人は多くいらっしゃるかと思います。個性と言えば個性なので誤字脱字に対して細かい事を書くつもりはありませんが、自分がもらった手紙が誤字脱字だらけだったとしたらどう思うか?を考えましょう

相手に対しての思いやりが手紙はラインやメールよりも伝わります。その相手に対しての配慮が誤字脱字だらけでは受け取る方の気持ちがどう思うのか?という部分を考えてみれば誤字脱字が良いのか悪いのか?という事に繋がります。

復縁手紙の字の丁寧さ

文字は言葉と同じです。字の上手い下手というのはもちろんありますが、丁寧に書くか適当に書くかでどの様に思われているか?という部分が伝わってしまいます。普段文字を書きなれていない人であれば文字を上手に書けなくても仕方のない事ですが、丁寧に書く書かないと上手い下手は違います。

復縁したい相手にどの様に気持ちを伝えたいのか?という事は何も文章の上手い下手という事だけではありません。

文字を丁寧に書くという事は相手に自分の誠意を伝えると同じ事だと認識しなければなりません。

復縁手紙を書く時間帯

メールやラインと違い、手紙には配送時間という「時間」がかかるというメリットとデメリットがあります。いつ手紙を書くかどうか?いつ手紙を出すかどうか?で書いた内表と考えている事が合致しない事があります。

復縁手紙の内容は基本的には夜に書くのではなく、朝や昼の時間を使って書く事を心がけるようにしましょう。仕事で昼間には到底書けない…と言う人は朝少し早く起きる事を心がけ、パートナーへの想いを書きます。

昼間の休憩時間等を利用して、スマホ等に書く内容をまとめておくのも有効です。

一番手紙を書くことを避ける時間帯として夜や深夜帯は避けるようにしましょう。夜は気持ちを高ぶらせ、書いている内容も朝や昼に書くものとは異なります。せっかく書いた手紙を読んでくれるのが夜や深夜帯とは限りませんからパートナーの目に着く頃にはもしかしたら昼間かもしれません。

メールやラインならすぐに返事が来る事から相手も読む時間と言うモノがある程度分かる事もありますが、時間帯が違う時に届いた手紙には書き手と読み手の温度差が出てきます。その温度差をなくす為にも手紙を書く時間を夜にするのは避けるべきです。

復縁手紙で大切な事

復縁手紙を書く上で一番大切な事は相手の事を思いやる気持ちが大切です。こう思ったら嫌われるのではないか?こういう事を書いて良いのか?等と悩む事は沢山あると思いますが、悩みの多くは自分の気持ちばかりになる事という事が良くあり、相手の事を考えないで手紙を書いてしまうという状況に陥りやすくなります。

復縁はどんなものでもそうですが、相手の気持ちを考え、相手の思考を理解しなければ叶う事はありません。復縁工作復縁調査をする理由も相手の気持ちを読み取り、それを逆手にとる為に復縁成功率が単体でやるよりもあがるのです。

手紙の内容を表面上で取り繕った所で気持ちを伝える事は難しく、気持ちをキチンとぶつける内容を書くために手紙の効果は出てきます。

復縁屋である弊社には復縁にまつわる経験が誰よりも沢山あり、復縁調査や復縁工作で得られる情報を使いメールやラインの返信を相手の気持ちになって答える事が出来ます。ですが、その文章の書き手が気持ちを伝えようとしなければ復縁する事は到底難しく、どれだけ良い内容の手紙を書いたとしても伝わる事はありません。

復縁手紙で大切な事は自分の気持ちではなく、「相手の気持ち」になって考えるという事が絶対であるということを忘れない様にして下さい。

この記事を読まれている方は↓の記事も読まれています。

復縁工作の依頼のタイミングが分からない人の為に

復縁できない人は約束を守らない

にほんブログ村 恋愛ブログ 恋愛アドバイスへ
にほんブログ村

あなたのクリックがこのブログの支えになります

復縁工作をする復縁屋をお探しの方はコチラをクリック

復縁成功 復縁成功2 復縁成功3別れさせ成功