復縁工作復縁したいと言われる方は多いのですが実際に復縁の為の行動を起こす人は限られています。

何故復縁したいと言いながら何もしないのか?復縁したいのであれば復縁に向けた行動をとればいいじゃないか?と思われる方が多いと思います。

何か欲しい物があるなら、それを手に入れる為に努力をするのが当然です。何も努力をせずに手に入る物はなく、大抵の方は何かを手に入れる為に様々な努力をされるのではないでしょうか。

復縁の為に何を努力すればいいのかが分からない為に何の努力もしていないという方もいらっしゃいます。どんな事をしてでも復縁したいという気持ちがなければ復縁に至る事はありませんし、復縁に使えるモノは何でも使おうと思うほどの気持ちがなければ復縁に至る事はありません。

復縁の為にどんなものを使えばいいのか?を考えてみて下さい。

復縁の為に自分の友人を使う

自分の友人を使って復縁工作の様な事をする事が出来ます。復縁したいと思う方の友人を使うとパートナーの方に人を使ってまで…と呆れられてしまう事もありますが、友人だという事を明かさずに全く知らない第三者として接触する事で復縁への道を作る事が出来る事もあります。

復縁する為に友人の手を借り、復縁したい人の気持ちを代弁する事が自然に出来れば復縁してもいいかな?とパートナーの気持ちを揺らがせる事が出来ます。

もちろん友人なら誰でも良い訳ではありません。工作員の様なプロを求める訳ではありませんが、ある程度復縁までの話しや対人関係等を聞き出す話術を持った人間でなければ務まりません。

復縁屋の様に復縁のプロが行うレベルまでいかなくても、それ相応の対応が出来る方が求められます。情報の抜きだし等がある程度出来る方が友人としているのであれば復縁工作等のプロに頼る事なく復縁に近づく事もあり有効な手段であるとも言えます。

工作が下手な工作員でも何もしないよりはそれなりの成果が出るものです。一人で復縁を悩み、何もしないのであれば使えるモノであれば使った方が良いという事になります。

パートナーの友人を復縁工作員として使う

自分の友人よりもパートナーの友人の方が工作員としては信用度が出てきます。復縁工作を行う上で大切なのはパートナーからの信用を如何にして勝ち取れるかがカギになりますので最初からパートナーの信用を勝ち取っているパートナーの友人は工作員として適切であるとも言えます。そこに話術等の問題は加味していません。

共通の友人の中でもパートナーヨリの友人であれば本来はパートナーの味方なのですから話しを聞きやすく、状況把握も出来た上で味方につける事が出来ればこれほど頼もしい味方はいません。

しかし、復縁の話しをもちかけてもらったとしてもスパイの立場であるはずのパートナーヨリの味方の人が二重スパイの様になってしまい、復縁に逆効果になってしまう事もあるので注意しなければならない部分がある事は否定出来ません。

パートナーの友人を使うのであれば人心掌握という部分でキチンと掌握していなければ復縁に逆効果になる事もあるのでご注意下さい。

パートナーの親を使う

パートナーの親族と仲が良い場合、パートナーの親を使い復縁に持っていくという形もあります。

本来であればパートナーの親ですからパートナーの味方であるはずの親を使う事によって復縁に有利に向かわせる事が出来ると言った事もあります。

パートナーの親なんて簡単に使える訳がない…話も聞いてもらえないよ…という方には難しいかもしれませんがパートナーの身内の人間を使えるのであれば復縁に向けて優秀な味方を付けたとも言えます。

復縁工作は基本的にはパートナーに接触し、パートナーの味方であるかのように振る舞い、人間関係を構築し、作り上げた人間関係から過去の恋人の話しを聞き出したりする事で復縁に近づける様に仕向けていきます。

人間関係を築き上げる為に必要な時間をパートナーの親であれば設ける必要はありません。そして対象者によっては「親のいう事は絶対」と考えられる様な方もいらっしゃいます。

こうした人を使えるのであれば使った方が良いというのは言うまでもない事だと思います。

復縁工作を利用する

友人や親など、パートナーとの人間関係で頼る所がない場合はそういった人間を作り上げ、復縁に向けて動きを出すという選択もあります。復縁工作は復縁屋が復縁をサポートする為のツールになります。

人間関係を作り復縁に向けての関係を作っていくプロが復縁工作の工作員達です。工作のプロは情報の聞きだしと復縁に向けてどういった形で話せば心理的に復縁に向かうかという事を知っています。その為、友人や親等よりも心理的な誘導に関しては群を抜く形であり、復縁という目的を持ってパートナーに接触するので最初から決まったレールを進むかの如く話しを進められます。

友人やパートナーの親を頼る事が出来ない…自分には使えるモノすらないのか…と復縁を諦めるのはまだ早く、復縁を諦めない為にやれる事はやった方が良いというのが復縁屋の考えです。

もちろん復縁を諦めるのであればそれを止める権利も義務もありません。復縁したいという気持ちを強く持たれないのであれば復縁に辿り着く事は難しく、そういった気持ちを強く持ててこそ初めて復縁というものが可能になってきます。

復縁したいという気持ちを強く持たれており、尚且つその強い気持ちを行動に移せる方のみが復縁工作の依頼を出来る資格があります。

友人等に頼るあてがなく一人で復縁を考えながらも限界を感じた方がプロの力に頼り、接触から工作までに頼ります。

工作員を使ってまで復縁なんて…と考えられる方ももちろんいらっしゃるかと思いますが頼れるところがない時に藁にもすがる気持ちで頼るのはおかしな事ではありません。それだけ復縁したいという気持ちが強いという事ですから使えるのであれば使った方が良いと言えます。

復縁の為には何でも使えのまとめ

誰かに頼るのは自分のプライドが許さないという方が復縁を目指している方の中にはいらっしゃいますが、自分のプライドと大切な人との関係とどちらが大切なのかを今一度考えて頂きたいと思います。

他人に頼る事は悪い事ではありません。どうしても手に入れたいモノがある時、自分の手が届かないから諦めようと思えるのであれば最初から諦めた方が時間も労力も無駄にしません。

何をかなぐり捨ててでも手に入れたいモノがあるのなら余計なプライド等は捨てて誰かに頭を下げるべきなのです。頭を下げる事が出来なければパートナーよりも自分のプライドの方が大切だという事であり、そこまで強く想われていない人との復縁をパートナーが望まれる事はないと認識しておかなければなりません。

何よりも大切に想うからこそ、その為に自分自身を変え、磨き上げる事が出来、そういった努力がみられるからこそパートナーはもう一度振り向いてくれるのです。

振り向いてもらう為に誰かの力を借りる事は悪い事ではありません。誰かの力を借りてまでと思うよりも何も行動を起こさない事の方が問題です。

復縁に使えるモノは何でも良いから使え。それだけ必死にならなければ復縁が叶う事はないという事であり、復縁を考えるのであれば鉄則です。

この記事を読まれている方は↓の記事も読まれています。

復縁したい人は聞いた事がある復縁工作
優良な復縁屋を見分けるコツ

アンケートにご協力下さい

この記事参考になった!
この記事つまらなかった!

復縁の悩みを抱えている方は下記の相談フォームに相談内容を書いて頂ければ相談員からご連絡させて頂きます。

携帯電話の方は携帯会社の設定によりメールが届かない事がありますので下記アドレスのドメイン解除をして下さい。

復縁アドレス

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

相談内容