復縁するなら復縁する理由を作らなければ復縁に辿り着く事はありません。復縁する理由とは大切な人に復縁しても良いかな?と思わせる理由であり、復縁しても良いかな?という事は復縁を意識させるという事です。

復縁する理由がなければ復縁に辿り着く事はないのですが復縁する理由を作ろうとする人はあまりいません。

復縁する理由は自分と復縁する理由という事になり、自分と復縁する理由を作るという事は自分を好きになってもらう為の理由作りであり、好かれていない状態を好きになってもらう理由作りがなければ大切な人が復縁を意識してくれる事はありません。

好きになってもらう事=復縁という図式を忘れて復縁=付き合うという図式のまま考える方は非常に多いのですが、付き合うという事は自分の事を好きになってもらう事であり、好きになってもらう事が出来なければそもそも復縁する事は出来ません。

復縁屋に相談に来る人の多くは自分を好きになってもらう努力をする事はせずに復縁を目指しますが、自分を好きになってもらう事が出来なくて復縁など出来るのでしょうか?

好きになってもらうという事は今は好きではないという事です。たまに自分の事をまだ好きだと思うんですけど…という人がいますが、自分の事を好きだと思っているのなら復縁屋に相談するのでしょうか?

復縁屋に相談している時点で自分の事を好きではない…と自分でも認識しているけれど、認められない。だから復縁出来ない。という事になります。

自分で自分の事を好きだとフラれているにも関わらず勘違いしている状態なら好きになってもらう努力をする訳でもなく好きになってもらえる事もないのでしょうから復縁出来る事はないかと思います。

好かれていないから好かれる理由を作る。それが即ち自己改善であり、復縁に自己改善が絶対に必要だと言われる理由の一つでもあります。