復縁工作今まで何度かこのブログでも書かせて頂いていましたが、復縁するにあたって一番最後は結局は本人の努力でしかありません。復縁屋がいくら頑張った所で、この部分が欠けていては復縁に至る事はないというのが実情です。

では復縁したい人にとって何を大切にすればいいのか?という部分ですが、パートナーの事を考える事は勿論ですがパートナーの事だけを考え、理性を飛ばしてはいけません。昨今はストーカー規制法という法律が厳しく、復縁したい人にとって法に触れるのではないか?という部分は色々と足踏みをしてしまう事と思いますが、パートナーの事を本当に考えているのであれば法に触れるような事をしてはいけないという事も分かると思いますし、法に触れて初めて気付く様ではいけません。

パートナーが嫌がる事をしないという事は前提ですが、前提条件を自分の気持ちを優先にしてしまってはパートナーが振り向いてくれる事はありません。

パートナーがどう思っているか?を考える事はもちろん大切ですが、本当に大切な事はパートナーが嫌がる事をしないという事です。嫌がる事とここで書きますと、復縁したいと思う気持ちも迷惑なのでは?と思われる方もいらっしゃいますが、復縁したいという気持ちは決して迷惑ではありません。

大切な事

復縁したい気持ちをどうするか?という部分が問題であり、別れたカップルが友人関係を築ける事も多く、パートナーが嫌だという気持ちを持たなければ関係を良好にする事は可能です。復縁を焦るあまり、別れた状態から今日明日にでも復縁したいと思って焦ってしまえば気持ちがパートナーからしてみれば重くなりすぎて迷惑になってしまう事があります。

これらの境目が復縁したい人とストーカーの違いになってきます。

ストーカーと復縁したい人との気持ちは明らかに違います。相手の事を思いやれるか思いやれないか?という気持ちの問題なので、その気持ちの差は本人にしか分からない事だと言えますが、気持ちの差というものは他人には分からないモノですが、それでも外部から見てすぐに分かる様な異常性を持っている人達がストーカーと呼ばれます。

相手の迷惑をキチンと考え、それに伴った行動をしていればストーカーになるという事はありません。気持ちの差でパートナーに恐怖心を与えない様な形を取れる事で復縁とストーカーの違いがありますが、愛情と犯罪との差はギリギリであるとも言えます。

大切な事は犯罪に走ってしまわぬように理性をキチンと持ち、愛情を表現する事が大切です。愛情表現というものが日本人は上手ではない傾向がありますから大抵の方は復縁について考えた時悩んでしまいます。

復縁したいと思う方はストーカーの様に歪んだ愛情表現を持つのではなく、パートナーが喜んでくれる様な愛情表現が出来る様に心掛けて下さい。

この記事を読まれている方は↓の記事も読まれています。

復縁工作の方法
復縁を信じる人には結果がついて来る

アンケートにご協力下さい

この記事参考になった!
この記事つまらなかった!

復縁工作をする復縁屋をお探しの方はコチラをクリック

復縁成功復縁成功2復縁成功3別れさせ成功