復縁工作

復縁したかった…と過去のパートナーの事を想う人と別れて良かった…と過去のパートナーの事を悪いイメージしか持てない方がいますがパートナーとの関係はどちらの思い出が正しいのか分かりません。

しかし、過去を想い、復縁したいと未練を残したままの方はいつまでも尾を引いてしまい次の恋愛に発展する事が出来ません。復縁したかった…と未練があるまま次の恋愛をしたとしてもそこには以前のパートナーとの比較等が入ってしまい恋愛をしていても新しいパートナーの事を考える事が難しくなり、関係を続ける事に無理が生じてしまいます。

復縁したかったと想う人の多くはこういった事からも新たな出会いをみつけても関係は長く続く事は出来ません。

では、何故復縁したかった…と言う気持ちを捨てきれないのでしょうか?答えは簡単です。「諦められるほど努力をしていないから」です。

スポーツでも仕事でも全力を尽くしてやりきれば結果はどうであれ、次に結びつける事が出来ます。それはスポーツや仕事に限らず恋愛にも適応されます。復縁に向けて努力をせずに諦めただけではパートナーに対しての未練を引きずったままの状態が続いてしまい、結局「復縁したいな~」という希望の元でしか行動する事が出来ません。全力で復縁に向かい、それでも復縁できなければ努力が足りないと他の努力の仕方を考えるでしょうし、自分ひとりでの復縁に限界を感じればそれはもちろん他人に頼ってでも復縁しようという考えにも行き着きます。

復縁に向けてやる事を全てやっていればどこかしらで納得のいく結果に繋がる事になりますし、納得のいく結果を出す事が出来なければいつまでも未練を引きずったままになります。未練の引きずりをしたままの状態で諦めるから「復縁したかった…」という思いだけが残りいつまでも明るい未来を掴む事は出来ません。

結局復縁したかった…と言う言葉を出す人は復縁に向けての努力が足りず諦めてしまうから出てしまう言葉であり、復縁したいと本気で想った方達からは出てこない言葉です。

復縁を諦めていない。でも復縁したかった…と言う言葉を誰かに漏らしたり、自分自身の心に問いかけた時にその言葉が出てきたのなら今一度自分自身に問いかけてみてもらいたいと思います。1人での復縁に限界を感じた時はお気軽に弊社復縁屋の復縁相談窓口をご利用下さい。