復縁工作復縁を考える。でもパートナーの事を考えた時、復縁を考えるべきではない…という結論を出す方もいらっしゃいますが、それはそれで一つの選択肢ですから否定するべきものではありません。

周りの人間が復縁した方がいい!!復縁を諦めたらダメだ!!といっても、本人に復縁の意志が弱ければ復縁する事はできないのですから、諦めようと思っている方は諦めた方が良いのです。復縁屋復縁調査復縁工作をしたとしても、最終的には本人が復縁したいと思わなければ復縁出来る可能性は、ほぼありません。経験上99%の確率で復縁に結びつかない事が多いですし、可能性がほぼない状態での復縁なんて考えるだけ無駄に内りますから、諦めたい人には諦めさせるのが一番です。

どうしても復縁したいという人だけに復縁という結果は舞い降りてきます。最初から望まれなければ、パートナーを振り向かせるという様な結果は起こりません。

しかし、人は諦めようと思っていてもなかなか決心がつかない生き物です。諦める為には諦めるキッカケを持たなければスッパリと諦める事が出来ません。復縁したい気持ちを抑えさせる為には周囲の環境が必要です。本人にも復縁したいという気持ちと、どこかでやり直せるのではないか?という淡い期待があれば諦める事はしませんから、諦める事を考えている方がいれば今の状況を冷静に判断させる事が大切です。

復縁工作をしたとしても可能性がない依頼であれば工作の依頼を受けるという様な事は致しません。可能性がないものであれば可能性がないと伝えてあげる事が優しさであり、それが復縁を諦めさせる一番の手段です。

しかし、状況も分からずに、ただ無理だと言っても、相談者は理解する事が出来ません。理解出来なければ復縁を諦める事はしませんし、諦めなければいつまでもそこにしがみついてしまい、復縁したい気持ちと諦めようという気持ちの狭間で揺れ動いてしまいます。

状況判断を中途半端にしてしまう為に相談者が思っている状況と相談される側が思っている状況とで食い違いが出来てしまい、判断を誤るという事になります。復縁を諦め様としている人に対しては、キチンと話しを聞いてあげる事を必須にする事で、状況判断をし、可能性が全くないという事を伝えてあげる事が本当の意味での優しさという事になります。

諦めたくないという人に対して諦める様にアドバイスをする事は決して良い事ではありませんので、諦めたくない人に対しては諦めないで済む様(復縁に向けた)アドバイスをしてあげる事を心がけてあげて頂きたいと思います。

復縁は本人が諦める、諦めない。どちらをとっても本人次第です。第三者が〇〇しなさいと言って、その方向に無理に進めるのではなく、進みたい方向があれば、その方向を後押ししてあげる事をおススメします。

この記事を読まれている方は↓の記事も読まれています。

復縁するにあたって大切な事
復縁屋から見た依頼者

アンケートにご協力下さい

この記事参考になった!
この記事つまらなかった!

復縁工作をする復縁屋をお探しの方はコチラをクリック

復縁成功復縁成功2復縁成功3別れさせ成功