復縁工作人と人とが付き合うのであれば魅力が一切ない人間とは付き合いません。外見の魅力もそうですし優しさ等を含む性格等の魅力もなければ付き合いに至る事はありません。

嫌いな人と付き合う人間はいませんし、そこに仕事などの絡みでメリットがあれば話しは別ですが、プライベートの関係で嫌いな人とわざわざ付き合う方はいません。復縁を考える人は復縁という言葉に踊らされてしまい、好きな人に好かれる為に努力をするという事を忘れがちです。

復縁したいから復縁に向けての努力をするという事もそうですが、好きな人に振り向いてもらう為に何をすればいいか?という事を考えなければいけないのですが忘れがちです。付き合う前に何をすればパートナーに好かれるか?という事を考えられたと思いますが復縁という言葉が絡んでしまうと何故か忘れがちです。

自分の〇〇な部分がパートナーは嫌いだった…だから直さなければ復縁は難しいと考える事も大切ですが自分の魅力に磨きをかけ、やり直したいと思わせる様な人間にならなければパートナーも復縁したいとは思わないという事に気付かなければなりません。

人の好みは人それぞれですし、どこが好きで付き合う事に至ったのか?何がキッカケでパートナーとの関係を始める事が出来たのか?という事は本人が一番分かっているのではないかと思います。そこを伸ばす努力を怠り、マイナスの部分を直すだけの人に魅力を感じてもらえるでしょうか?

嫌な部分だけしか見られていない関係であれば付き合い自体が始まる事はありません。付き合いが始まった理由はあなたの良い所がパートナーにとって気に入られたからであり、そういった部分がなければ別れを経験しもう一度付き合いたいと思う事すらないのです。

復縁工作の依頼者が復縁屋に相談に来るとき、自分のどこを直せばいいかが分からないという方は良くいらっしゃいますが、自分の調書の伸ばし方を教えて欲しいという方はあまりいらっしゃいません。

復縁したいならやらなければならない事は自分のマイナスを直す事よりもプラスの要素を伸ばしていく事の方が大切だという事に気付いた方が良いと言えます。

この記事を読まれている方は↓の記事も読まれています。

弁護士と提携していなければ探偵は務まらない
復縁工作で悩むならやめた方が良いという話し

アンケートにご協力下さい

この記事参考になった!
この記事つまらなかった!

復縁工作をする復縁屋をお探しの方はコチラをクリック

復縁成功復縁成功2復縁成功3別れさせ成功