復縁屋を頼る人はどうにか復縁したいと考えてらっしゃるのではないかと思います。お金を払ってまで復縁したくない…という人ももちろんいますが、初めてのデートにこぎつける為に美容院に行かれたり、新しい服を買われたり、自分を磨く事と対して変わりはないと復縁屋は考えます。

服を買うのは自分を磨く事と同時に異性に良く思ってもらいたいからという理由があります。

復縁工作というものは的を絞らない形で異性に好感を得ようという気持ちを復縁したい相手の好感を得るという的を絞った形で対象者であるパートナーに好かれようというものとの差であり、人に好かれたいという点においては、なんら差はありません。

では何故復縁工作が他のどんなツールよりも復縁の可能性が高いのか?というと復縁したいと思う相手を直接的に狙い撃ちするからです。世に出回っている復縁ツールというものは不特定多数を対象にした言わば新しい洋服を買う事と変わりません。

復縁したい相手というのは不特定多数の内の一人ではなく、特定の相手なのですから、その相手に的を絞った形で何かしらのアクションを起こさなければ復縁にこぎつける事は出来ません。

特定の的を絞るという事は世の中には〇〇が好きな人が多いから〇〇にしよう!!!という事をするのではなく、好きな相手は△△だから△△しよう!!!と絞り込まなければなりません。

復縁工作で対象者の状況を絞り込み

対象者の状況を絞り込む事で一番分かり易いのが俗に言う「冷却期間」です。冷却期間というものは、当然ですが復縁工作の最中にも出てくる言葉です。しかし冷却期間という言葉をネット等で学び、パートナーとの距離が空いている事を勝手に冷却期間として使っています。と言われる方がいますが自分がフラれて距離を置かれているにも関わらず冷却期間と言ってもパートナーからすれば「忘却期間」としかなりません。

何かしらのアクションを起こした後に冷却期間を持つ事は正しい冷却期間の使い方になりますが、

パートナー「別れよう
復縁したい人「嫌です
パートナー「顔も見たくない
復縁したい人「そんな事言わないで
パートナー「別れる!!!
復縁したい人「分かりました

こういった状態の時に復縁したい人とパートナーとの間に期間という時間が空いてしまえばそれは冷却期間ではなく忘却期間になります。

冷却期間というものはパートナーへ何かしらのアクションを起こし、そのアクションを考えさせる事で初めて有効です。

しかし、ネット上にある復縁マニュアル等を見れば、とにかくなんでも冷却期間を設けなさいという事ばかりが書いてあり、パートナーの方に復縁したい人の事を忘れて下さいと書いてある様な事ばかりが書いてあります。

何かしらのアクションを起こし、冷却期間を設ける事を考えられるのであればパートナーに的を絞った形で復縁に向けて行動を起こしてからでなければ全く意味がなく、パートナーに的を絞った形で復縁に向けた行動を取る事が出来なければやる事なす事全てが裏目に出てしまうという事に気付かなければなりません。

弊社の復縁工作がどこよりも成功率が高い理由

復縁工作と聞けば何をやるのか?を調べられたけど実際何をするのか分からないという方もいらっしゃると思います。

実際に何をするのか?と言っても大まかな形でしかお伝えする事は出来ない理由があります。その理由とは、復縁したい人とパートナーとの関係が「今現在どの様なものなのか?」という事が全く分からない状況で□□をしましょう!!!と言っても、その工作が正しいかどうかは分からない。という事や男性、女性、年齢、こういったモノでも工作内容は変わりますから細かい情報もない事には何をすれば復縁に繋がるのか?という事をお伝えする事が出来ません。

その為、復縁したい人には相談の際に細かい情報を聞きだし、直接お会いして情報の聞き取り等も行わせて頂きます。

その上でパートナーである対象者の状況を調べ、依頼者からの情報の裏付けをし、更にパートナー自身を調べるので依頼者が持っていない情報を入手し、それらの情報を精査してから工作業務に移ります。

その為、接触の段階からどこで?どの様に?誰が?すればいいかを入念に作り込み、プランに沿った形で復縁へともって行くので他社よりも数段復縁の可能性が高くなります。

行き当たりばったりの工作ではなく、もちろん途中でアクシデントは出てきますが、それらアクシデントにも対応出来る様に未然に様々な状況を想定して行動するので他社よりも遥かに高い復縁成功率というものを弾き出せる形になります。

弊社の復縁工作がどんなツールよりも復縁成功率が高い理由のまとめ

復縁工作は他の復縁ツールと違い、特定の人間に向けた形で復縁へと向かわせます。工作で工作員がやる行為には漠然と〇〇が良いから〇〇をしよう。という訳ではなく、復縁に向けてどういった方向に進むのか?△△さんの場合は何故□□といった工作の内容にしなければならないのか?

全ては理由があります。

理由が分からない事をネットに載っていたからという理由だけで何かしらの行動を起こしたとしても復縁に向かっているのかどうか、自分で努力をしている人にすら分かりません。

プロはこう考えます。

〇〇さんの場合は△△だからネットにある様な□□の様な方向に進もうとするのではなく、■■という方向に進みましょう。

何故□□という方向に行かないのか?

それは〇〇さんの場合は□□に行くと××という方向に向かってしまい、それは復縁とは違う方向に進んでしまいます。

■■という方向に進めば◆◆という形になり、その◆◆という方向に進む事は●●という事があったので裏付けになります。□□をして××にいく裏付けもあり、裏付けがあるので■■をすれば◆◆に進む可能性が高くなります。

裏付けを元に行動を考え、その方向に進む事を依頼者の方に分かり易く説明し、理解し、納得して頂けたらすぐにでも行動に移します。迅速な対応で特定の人に絞った形での行動を起こせる為、どんなツールよりも復縁工作は成功率が高くなり、全てを入念なプランをもって行う為、他社には真似できない程の復縁成功率を弾き出す事が出来るのです。

物事には全て理由があります。

  • 怒る理由
  • 笑う理由
  • 泣く理由
  • 悲しむ理由

こういった感情にすら全て理由があるのです。壊れた理由が分かれば直す事も可能になります。壊れた原因を解明しようとせず、アロンアルファで無理矢理にくっつけようとしても壊れた物は直りません。

壊れた物を直す為にはその原因を直せばすぐに直るモノ。それが弊社復縁屋の考え方になります。

この記事を読まれている方は↓の記事も読まれています。

復縁っ工作に依頼しない方が良いケース
復縁の為にパートナーのおさらい

アンケートにご協力下さい

この記事参考になった!
この記事つまらなかった!

復縁の悩みを抱えている方は下記の相談フォームに相談内容を書いて頂ければ相談員からご連絡させて頂きます。

携帯電話の方は携帯会社の設定によりメールが届かない事がありますので下記アドレスのドメイン解除をして下さい。

復縁アドレス

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

相談内容