復縁工作基本的には復縁工作員を対象者であるパートナーに接触させた後は依頼者の聞きたい情報を聞きだす事が出来ます。パートナーに新しいパートナーがいるのかどうか?パートナーの現状など、依頼者が聞きたい情報で聞けない事はほとんどありません。

復縁したいかどうか?という部分に関しても接触当時から復縁したいと思っているという方は稀なのですが、聞く事自体は可能です。どんな情報を得れば復縁出来る方向に持って行けるかを考える事が出来るので工作員は接触後にどういう話の展開から復縁に向けた話しをするかどうかを考え、その流れの中から復縁に向けた心理誘導を行います。

心理誘導を行う際も情報がなければ誘導する事は出来ません。誘導する為には工作員が必要な情報を抜き出さなければなりません。その為には工作員はパートナーに様々なアプローチを仕掛けます。アプローチ次第でパートナーから得られる情報は変わってきますが、情報を入手する為に様々な方向からアプローチしていくのが工作員ですから、人の心理状況を揺さぶる為の様々な手法を設けています。

情報を入手する為に様々な手法を設ける為、得られる情報量は欲しいモノであれば大抵入ります。熟練の工作員は様々な攻め方を出来るので相手の状況次第で入手出来ない情報はありません。情報を入手するという事は次にどんな手段を行えば復縁に向かせる形をとれるのか?というプランを組み立てる事も出来、逆に言えば情報を入手する事が出来ない工作員は使い物になりません。

その為、パートナーから情報を入手する為に工作員は常日頃から接触の入り口など、情報入手する方法を鍛錬し、話の持って行き方や心理誘導について切磋琢磨しています。対象者の性格や行動、様々なモノを加味しながら復縁してもいいかな?という方向に持って行くわけですからあらゆる方向から対象者の心を揺さぶる事が出来なくては工作員は務まりません。

人見知りの対象者や高圧的な対象者。工作員が接触する対象者のタイプはそれぞれですが、どんなタイプの対象者に対しても対応出来なければなりません。様々な状況の対象者に対応する為、沢山の経験がつき、情報入手の為に試行錯誤する為、手に入らない情報はほとんどありません。どんな情報を入手すれば復縁に向かえるのか?という事も大事ですが、どんな情報が欲しいか?という事が分かれば依頼者の努力の方向も見えて来るので工作員にお願いしてみるのもいいかもしれません。

この記事を読まれている方は↓の記事も読まれています。

依頼者から聞いた他社の話し
復縁したいか否か

アンケートにご協力下さい

この記事参考になった!
この記事つまらなかった!

復縁工作をする復縁屋をお探しの方はコチラをクリック

復縁成功復縁成功2復縁成功3別れさせ成功