復縁工作復縁を望む人の中には自分にご都合主義の考え方をしてしまう人が多くいます。傍から見れば復縁は不可能で、どれだけ嫌われているか分かりますか?という事を伝えても理解せず、自分は嫌われていませんと強く反発してくる方は自覚がないからこそストーカーになってしまう事もあります。

ストーカーと復縁したい人をごちゃ混ぜにしてしまう方もいらっしゃいまうが、周囲の意見を聞く耳を持てている内はストーカーになりづらいものです。

自分の考えが全てという状況に陥り、パートナーの事を自分の都合の良い様に考え、都合の良い考えから行動を起こしてしまうとヨリを戻すどころではなくなります。関係を再構築する為にパートナーの事を考える事は良い事ですが、考え方が歪んでしまっている為にパートナーの事を考えてあげる事が出来ません。

嫌われているのか、そうでないのか?という判断は非常に難しい事ですが、こういった判断を第三者にしてもらう事で復縁問題とストーカー問題を区別する事が出来ます。

復縁屋は復縁相談を受ける際、ストーカーに成りがちな方からの依頼は受け付けられません。犯罪に関わる様な事に協力できない事は当然の事ですし、協力する事によってストーカーへと変貌しまいそうな前触れがある方からの相談ではパートナーの事を諦める様に説得をし、犯罪による被害を起こさせない様に致します。

犯罪抑止として、復縁相談とはストーカー予備軍を防止する役割もあります。自分だけでは気づかない様な状況を判断してもらうには本人の都合の良い解釈では判断がしづらいものとなります。冷静な判断が出来ないから人に判断を仰いでもらうという事が出来る人は自分自身を理解している人も多く、ストーカーになりづらい部分もあります。

自分が冷静な判断を出来るかどうか?自分自身では分からない部分や見栄ない部分が出て来るので、今の自分はおかしくないのか?正常な判断が出来ているのか?を確認するのも復縁を目指すうえで大切な事だとも言えます。

嫌われている自覚を持つ難しさ

嫌われているという自覚を持つ為にはパートナーが取った行動に変化がなかったか?等の注意が必要です。何かをされたから嫌われている…と考えるのは当然の事ですが、パートナーが想ってもいない事で勝手な解釈から嫌われているのでは?と考えてしまうのは誤った理解の仕方であると言えます。

自分がこれをされたらきっと嫌だろうな…と思う事は当然しないにしても、自分がこれをされたら嫌かもしれない。だからパートナーが自分にしてきたことは自分の事を嫌いだからだ…と考えるのは早計な場合があります。

自分がされて喜ぶ事は他人にすれば皆喜ぶ事でもなく、自分がされて嫌な事を全員が全員、嫌だという事でもないのです。

自分の常識は皆の常識ではありません。

もし仮に、自分の常識が皆の常識なのであれば、常識を持った人同士の付き合いなので、ケンカをする事もなく、ちょっとした言い合いになるという事もありません。価値観の違いや感覚のズレ等、育った環境等の違いから常識や感覚のズレは大抵の場合起こるものです。

そういった際に、いかにパートナーと話し合いをし、お互いの常識をすり合わせ、感覚の違いを埋められる事が出来るか?という事が大切になります。

感覚の違いから嫌われている自覚と言うモノはとても持ちづらく、好かれている自覚や嫌われている自覚と言うモノは個人の差がどうしても出てしまうものです。そういった事からも嫌われている自覚を持つという事はとても難しく、明らかな形がなければ判断を誤ってしまうモノです。嫌われている自覚を持てるかどうかで復縁できるかどうかの判断にも関わってきますが、こういった判断は難しいという事を復縁したいのであれば理解しておかなければなりません。

自覚を持った後は?

自分が嫌われているという自覚を別れたから、フラれたから…一緒に生活していても反応が冷たい…連絡が取れなくなったから…と決めつけるのは早計なのは分かったけども、じゃあ自分は嫌われていないのかな?と決めつけるのも早計です。

嫌われるには嫌われるなりの理由があり、理由がなければ人は人を嫌いになる事はあまりありません。別れたから嫌われるのではなく、嫌われたから別れたという図式が正しいのですが、別れを経験し、自分に自信を無くしてしまった方々は正しい図式を見ず、間違った図式を考えてしまいます。

嫌われるには嫌われる理由があり、別れを経験したのであれば、何故別れを経験し、自分が嫌われた理由を考えなければなりません。

物事を冷静に判断するという事は過去の自分を冷静に鑑みて、自分自身の失態や過ち等を冷静に判断しなければなりません。そして大切な事は第三者の意見に素直に耳を傾けるという事です。復縁をしたいと考える上でも、復縁を諦めるにしても最終的には自分自身の判断で物事を決めます。その判断をする際に、正しい情報を入れられるかどうかで自分の望む道やパートナーの望む道が変わってきます。

人からのアドバイスは聞く耳を持たなければ最初から意味のないものになりがちで、聞く耳を持つつもりがないのであれば人にアドバイスを求める事はたとえ友人だとしても他人の時間を無駄に費やしてしまう事と同じです。自分の人生を有効に過ごす為に、パートナーや自分以外の誰かの時間を生かす為にも相談をするならばその相談を生かす形を取らなければなりません。

嫌われたかどうかの自覚を持った後は、嫌われたのなら復縁を諦めるという判断もありますし、嫌われた部分を直し、もう一度関係を再構築する為に嫌われた部分を直すという方向もあります。

前者を選択した場合、それについて復縁屋を覗く多くの方が賛成をして下さると思いますし、その判断は間違っているとは言えません。復縁というものはとても難しく、イバラノミチを歩む様なものなので、辛い道をわざわざ自分から選択する必要はないと思います。

自分が嫌われているかもしれない…と自覚しながらも復縁への道を模索している方は、その道がとても険しく困難な道である事を自覚しなければなりません。大切な人が自分の元から離れてしまった。それでも取り戻したいと願うのであればそれだけの覚悟を持って努力を積み重ねなければなりません。大変な道なのは分かっているけども努力はしたくない。自分は決して悪くないと思っているのであれば復縁を諦めるのも一つの手段だと思いますし、誰もあなたを否定したりもしないと思います。

それでもどうしてもヨリを戻したいと願うのであれば、自分を客観的に見て、嫌われたのかそうでないのか?を考えたように、自分自身を客観的に見、冷静な判断で関係を再構築する事を考えぬいてもらいたいと思います。

事情も分からない人は復縁を諦めなさい。それではストーカーだよ。等と事情が分からない状態で助言ではなく忠告をしてきます。冷静な判断の元、自分はストーカーにならない。大切なパートナーを恐怖に貶める様な事をしたくない。と思うのであれば強い意志を持って復縁に向けて頑張って頂きたいと思います。

一人で復縁をする事に限界を感じてしまったというのであれば復縁屋を頼り、復縁工作復縁調査等のヨリを戻す為のサポートに頼る事も間違いではありません。パートナーとの関係をどうにかしたい。パートナーともう一度関係を築き上げたいと思っている状態で他人に頼りたくない等のプライドは邪魔になります。

冷静な判断をした後は自分自身のプライドや自分自身の事を気にするのではなく、パートナーを自分が幸せにするんだという強い意志を持って挑まなければなりません。

この記事を読まれている方は↓の記事も読まれています。

復縁霊媒師
復縁の仕方

アンケートにご協力下さい

この記事参考になった!
この記事つまらなかった!

復縁工作をする復縁屋をお探しの方はコチラをクリック

復縁成功復縁成功2復縁成功3別れさせ成功