復縁工作復縁工作はパートナーに接触し、心理的誘導を行うので地元に根付いた言葉遣いが出来る人の方が警戒心を持たれません。全国各地にいる工作員は、その地方の言葉を巧みに使う事でパートナーとの接触に成功させる事が出来ます。

最近では方言を喋る方は稀になってきましたが、それでも地方では方言を喋る方との復縁を望む方はまだまだ沢山いらっしゃいます。そういった方との復縁を考えるのであれば方言が話せた方が有利に進みます。

全国各地にいる調査員や工作員はその土地、その土地に根付いた行動をした方がその後の展開もやり易く、地方からの依頼に対して、わざわざ東京から出向いたりする業者よりも依頼者の方の依頼費用の負担が減ります。

例えば東京から福岡まで依頼の度に出張していれば飛行機代等の料金だけで金額は一気に跳ね上がります。片道航空券4万円弱、それが2人分であれば一度東京から福岡に出張しただけで16万円弱の費用が掛かります。その費用に加え、レンタカー代などを考えると東京から出張調査するだけでいくらかかるか?計算してみると高い金額になってしまいます。

こういった負担を依頼者にかけてしまってはせっかく復縁出来たとしても、その後のデート代など、パートナーとの関係を築いていく費用が目減りしてしまい、関係を良好に保つ事すら難しくなります。

弊社復縁屋の様に地元に根付いた調査員や工作員を抱えていれば、それだけ調査や工作にかかる費用がかからない事と、何よりもその地域に根付いた活動をしている為に土地勘もあり、地元の人達との友好関係も築きやすく、依頼者の負担も軽減する事が出来ます。

そして一番大切な事は、その土地に慣れている為、工作員の接触も地方の人だという事を演出する事が出来るので、「不自然な形での接触」になりづらいという事です。パートナーとの接触は工作をする上でとても大切で、接触する工作員の設定(既婚・未婚・どこの人間か?)などにも影響を及ぼします。

対象者に工作員を接触させる際に、偶然を装って接触させますが、地方での接触の場合、方言のきつい地域であると、東京から来たと言うだけで警戒をされ、連絡先の交換等がしづらいケースなどもあります。

連絡先の交換がしづらければ接触したとしても、その接触は失敗に終わる事もあり、何度も偶然を装って出会わせたとしても、その偶然を疑われ、工作に入る前に警戒されてしまい、工作が上手くいかない事もあります。

接触の時点から有利に進められる地方に根付いた調査員や工作員はそれだけで重宝される存在です。

この記事を読まれている方は↓の記事も読まれています。

別れ際が鍵を握る復縁の為の考察
復縁直前の依頼者達

アンケートにご協力下さい

この記事参考になった!
この記事つまらなかった!

復縁工作をする復縁屋をお探しの方はコチラをクリック

復縁成功復縁成功2復縁成功3別れさせ成功