復縁工作復縁相談を受ける際、相談者からパートナーの印象を聞き出します。情報を頂けば頂くほど、何故この人はこのパートナーにそこまで復縁したいと思うのだろう?と思う事がしばしばあります。相談者はパートナーの良い所は勿論ですが、嫌な所も正直に話して下さります。復縁工作を考えられるのであれば、パートナーへの接触を試みますから当然性格なども分かっていなければ接触も失敗に終わる可能性もありますし、嘘偽りなく話して頂かなければなりません。

時折いらっしゃるのが、パートナーの良い所や悪い所を聞く際に良い所が出ず、悪い所しか述べられないと言う方がいます。それが悪い事だとは言いません。外見が好き、性格が好き、人にはそれぞれ好みがありますから、どこかしらで惹かれているのだろうな?という事は分かります。復縁調査復縁工作を進めていく調査員や工作員はパートナーの魅力に惹かれて行くという事に対して私情を挟みませんが、人間ですからどこに魅力があるのか?という事を見ようとはします。

魅力がなければそこに惹かれる人はいません。どこかしらで魅力を感じるから人は人に惹かれていくのですが、その魅力を相談者本人が理解していない状態で復縁を望むというのは理解をし難いものです。

そういった相談者の多くは好きだ。どうしても彼氏(彼女)でなければダメだという事と同時に悪口ばかりが先行してしまう事が多々あります。悪口を言ってスッキリするのであれば、それはそれで良いと思いますが、スッキリした所で何も変わりはありません。良い所を一つも出せず、悪い所ばかりを相談員に話してしまうと、相談員も人の子ですから、何故復縁したいのだろう?と考えてしまう事もあります。

大抵の復縁相談者は付き合っている最中の事等を相談の最中に思い出し、自分がした事によってパートナーの心が離れた事を悔やみ、至らなかった自分の行動等を悔い改めようとし、そこまでしてヨリを戻したいパートナーとの事を考え、どれだけ自分のパートナーが自分にとって大切なのか?どれだけパートナーの存在に助けられているのか?今失ってみて、どんな思いをしているのか?などを切々と語ります。

その際には、もちろんパートナーの嫌だった所も出てきますが、パートナーの良い所はそれ以上に出てきます。相談者がどれだけ必要としているパートナーの魅力に私たちも引きこまれ、そんな魅力的なパートナーとの復縁を是が非でも叶えて上げたいと気持ちも入るモノです。

依頼に繋がる人たちの多くは、そういった依頼者の気持ちを汲み、本気でパートナーを必要としているかどうか?で判断させて頂く事もあります。パートナーとやり直したいかと言う気持ちを持たなければ、本人に復縁への努力をして頂く事も出来ませんし、復縁の努力をして頂かなければ求める結果に繋がる事も出来ません。

パートナーをどれだけ必要としているか?どれだけ大切な人でどんな良い所があり、悪い所があるのか?復縁を考える離れている期間にパートナーと真摯に向き合う姿勢を持つ事は復縁に向けた重要なポイントでもあります。どんな良い所があり、悪い所があるのかを良く考えてみて下さい。
この記事を読まれている方は↓の記事も読まれています。

結婚している事を隠す相談者
やれる事は全部やる事が大事

アンケートにご協力下さい

この記事参考になった!
この記事つまらなかった!

復縁工作をする復縁屋をお探しの方はコチラをクリック

復縁成功復縁成功2復縁成功3別れさせ成功