復縁工作恋人と付き合った後にケンカをするカップルは多いと思いますが、復縁と恋人同士のケンカは少し似ている事をご存知でしょうか?別れの原因はケンカや意見の食い違い、性格の不一致など他にも原因は沢山ありますが、ケンカをした後に仲直りした事がある。という人は数多くいると思います。

復縁はこういったケンカ等の延長であり、ケンカや意見の食い違い等の話しをした後に仲直りする事と似ています。

ケンカをした後、「もう二度と口を聞きたくない!!」と思った事や言われた事がある人もいるかと思いますが、実際に口を聞きたくない。と思われたり、思った後、パートナーと会話が一切なくなったという事はあまりないと思います。

口を聞きたくない。という状態で離れた後、また関係を修復した経験は大抵の方にあるのではないでしょうか?復縁はこういった事と実は似ているのです。

会話をしない期間(別れの期間)から、普通に接する期間(復縁)と考えると分かりやすいかと思いますが、カップル間で何か問題が起きた時、自分達で回復させている事は良くある事です。良くある事なのですが、別れという「キーワード」を出された時は慌ててしまい、普段出来ていた事すらできなくなっているという事が現状です。

別れというキーワードが出ただけで、相手は怒っている。もしくは自分に対して愛情がなくなった等を認識した瞬間、人はネガティブになってしまいます。

ケンカの時は、自分は悪くない。なんでそこまで言われなければならないのか!!など、ネガティブな考えを持つのではなく、どこかしらで、こんな事では別れないだろうという若干ポジティブな意見を持っていますが、そのポジティブな意見がネガティブになった時、復縁への努力の方向を間違えてしまうというケースが良くあります。

今回は状況が違うから…今回は今までのケンカと内容が違う…と言いたい気持ちは分かりますが、ネガティブ思考からポジティブ思考に変わるだけで復縁への考え方がも変わってきます。復縁する人の多くは、自分がもう一度パートナーとやり直す事が出来るという様に考えます。自分は復縁出来ないと思いながら努力するものと、自分は復縁出来ると考えながら努力する事では努力の方向性も異なり、その考え方の差が復縁に至るか至らないかの差に繋がる事でもあるのです。

例えばケンカををした際、ネガティブな思考であれば、このままフラれてしまうのではないか?別れたらどうしよう?等と考え、言いたい事も言えず、我慢をするだけの生活になり、それがいつか爆発する事でパートナーとの関係が終了してしまうといった事があります。しかし、大抵の方はケンカをした際にフラれるのではないか?等のネガティブな思考をするのではなく、ここできちんと話さなければお互いにとって良くはない!!とポジティブな考え方になります。

ポジティブな考え方はパートナーとの関係を良好にするものであり、それが伝わった時、関係は良好に進みます。この法則は復縁にも当てはまります。

復縁したいから努力の方向を考えるのか、復縁出来るか分からないけど、復縁マニュアルに書いてある事をやってみようと思い努力をするのかでは、相手の事を考え、それにむけて努力をする事と、相手の事を考えずとりあえず頑張るという状況で努力をする事の差があり、この差は大変大きく、復縁に至るか至らないかという結果の部分でも変わってきます。

ほとんどの方が復縁の経験者なのです。自分がパートナーとの関係が崩れた時の事を思い出して頂ければどんな風に関係を取り戻したかをもう一度考える事が出来ます。

復縁屋が提供する復縁工作というサポートは別れてしまってネガティブな気持ちをポジティブに戻す為に色々な情報を復縁調査で集めたり、工作員を近づけてパートナーの気持ちを聞く事や心理的揺さぶりをかける事で復縁してもいいかな?と思わせるものです。

最終的には自分自身がパートナーの事を一番に考え、努力する方向を間違えない様にしなければならないのですから、ネガティブに考えるのではなく、復縁工作に依頼するにしても一番大切な事は自分自身の気持ちだという事に気付かなければなりません。

この記事を読まれている方は↓の記事も読まれています。

復縁を恋人との付き合い方を見る事で方向性が分かる
あの時〇〇しておけば良かった

アンケートにご協力下さい

この記事参考になった!
この記事つまらなかった!

復縁工作をする復縁屋をお探しの方はコチラをクリック

復縁成功復縁成功2復縁成功3別れさせ成功