復縁工作基本的に自分の事をぽっちゃりだと思っている方は客観的に見るとデブだと思われています。自分自身を客観視する事が出来ない為にこういった事故は起こります。

デブの人が自分をちょいポチャだと言われても周囲の人は冗談にしか聞こえません。冗談にしか聞こえないという事は周囲の人からすればちょいポチャではなくデブとしてしか見えていないという事になります。

ここには客観的な視点と主観的な視点との差があり、復縁を考える人の思考と似ている部分があります。

周囲の目を気にせずデブの人が自分はちょいポチャだと言っても「ズレている感覚」は自分には分かりません。自分ではまだ大丈夫と思っている事が実際はOUTの可能性があるのです。

客観的な視点の他に男性から見える視点と女性から見える視点は全く違いますから異性からの見え方や考え方というものも考えなければなりません。

女性同士でも男性同士でも考え方の違いはありますが異性となればほぼ考え方が違うのは当然の事だと言えます。考え方が違うという事は恋愛の考え方、人との付き合い方、全てにおいて違いますから復縁においても男性なら〇〇の場合どう考えるのか?女性なら〇〇の場合どう考えるのだろう?

という事を考え、その中でもパートナーはどう考え、どう思うのだろう?という事に気付かなければなりません。異性という大きな枠の中から更にパートナーに的を絞って考えを巡らせなければ復縁に至る事はありません。

ちょいポチャとデブという言葉には相当な差がある事は分かると思います。男性の考え方と女性の考え方ではこれだけの差があり、尚且つパートナー個人を特定すれば考え方が全く違う事に気が付かないで復縁したいと考えられる方が実際に多く存在します。

見方も異なれば考え方も異なるパートナーの事を考えるのがどれだけ大変か?復縁を考える方であればパートナーの事を考えなければなりませんが、元々の見え方や考え方の差がある為、パートナーの事を考えているつもりでも結局キチンと考えられていなく、その結果復縁に至らないという事がよくあります。

復縁工作でちょいポチャとデブの差を埋める

自分自身で考えても分からないのであれば、その差を埋める為にはどうすればいいのか?解決方法としては本人に直接聞くというのが一番適切な方法になります。

考えても分からない状態をそのままにし、間違っているか正しいのかすらも分からないまま努力をしようとしても答えが間違っている場合、修復が困難になってきます。
分からない事を分からないままにしておいていい方向に進むとは到底言えないのです。

分からないのであれば聞かなければ問題は解決しません。その為に復縁屋という組織が存在し、復縁工作という工作業務があるのです。復縁屋は確かに復縁のプロです。プロであるからこそ分からない事を分からないままに進める事をしても何も進まない事は一番分かっています。

ちょいポチャとデブ程の差がある考え方を埋める為には本人に直接話しを聞き、分かった所から埋めて行くのが一番の近道になる事を知っています。

知らない事を知ろうとしなければ問題の解決には至りません。問題を解決する為には知らない事を知ろうとし、分からない事を分からないままにしないというのが近道である事は言うまでもない事であると言えます。

ちょいポチャとデブの思考はズレている

ちょいポチャとデブの思考のズレ方は復縁したいと思う人に酷似しています。

自分ではまだ大丈夫。デブではない!!!と思う方と、復縁したいパートナーはきっと〇〇と思っているから〇〇にしよう。

これらはいずれも自己満足でしかありません。周囲の人やパートナーの意見を聞く事もなく自分の中で大丈夫と勝手な解釈をして自分だけが満足している状態です。

少なくともちょいポチャの人はこれ以上太らなければいいや!!!と誰かに何かを望んでいませんが、復縁したい人はパートナーを振り向かせたいという気持ちを持っていると思います。

自分で満足するだけで終わらないのが復縁ですからパートナーを振り向かせる為には自分で満足する事だけを行うだけでは到底復縁には結びつかないという事をご理解して頂ければと思います。

この記事を読まれている方は↓の記事も読まれています。

絶対に復縁出来る方法はあるのか?
復縁の為に整形!?

アンケートにご協力下さい

この記事参考になった!
この記事つまらなかった!

復縁工作をする復縁屋をお探しの方はコチラをクリック

復縁成功復縁成功2復縁成功3別れさせ成功